FC2ブログ

ようやく借り出して来ました

2021年03月20日
本の虫 6

次に何を読もうかとネットで調べて「これを!」と選び出して予約していた1冊。
ようやく最寄りの図書館に届いたとの連絡があり、取りに出かけました。





借りて来たのはベルンハルト・シュリンクの「オルガ」。
朗読者」の著者だったので検索の網にかかりましたが、候補となった本の中からこれを借りたいと思わせたのが、表紙の絵。
窓際に置かれたテーブル、その上にはペンと手紙らしき紙が数枚、そして題名がオルガ
何を書いているのか!?、俄然興味を引かれました

早速、コーヒーを片手に読書。
19世紀から20世紀、第一次、第二次世界大戦期を挟んでのストーリー。
朗読者ではハンナの気持ちが分かるところと、でもそこまでしてと思うところがありましたが、この本のオルガはどんな人物像なのか。

海外の小説を読む時大変なのが、名前とキャラクターを一致させること。
ミステリー小説などでは登場人物のリストがあることが多いので、多少なりとも助けになりますが、この本には無し。
メモ用紙に重要そうな人物を書き込みつつ読んでいます。





図書館への通り道で見つけたスイセン。
品種にもよるのでしょうが、冬の寒さが厳しい時季から、春の訪れを知らせる花としても頑張って咲いてくれているのが、逞しくていい。

この春は何故か黄色い花に惹かれています。



いつも応援ありがとうございます!!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
人気ブログランキング      にほんブログ村
スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 6

There are no comments yet.

ぺるしゃ。  

こんばんはー☆

水仙が綺麗だわ💕
本もお好きなのが手に取れてよかったですわん♪
元気なうちに好きなことをするのが花ですよね❣️
ぎゃは。

2021/03/20 (Sat) 19:18

ばーばむらさき  

スミレさま

こんばんは~。

『朗読者』、懐かしい書名を目にして思わずコメントです。我が家のすぐ近くに図書館が出来たのはまだ数年前で、この本は買って読みました。『愛を読むひと』という題名で映画も公開され、見に行きました。

この映画でハンナを演じたケイト・ウィンスレットは、『タイタニック』以来だったのですが、その女優としての成長ぶりに目を瞠ったのを覚えています。

2021/03/20 (Sat) 20:45
スミレ(小紫)

スミレ  

To ぺるしゃ。さん

ぺるしゃ。さん、ありがとうございます。
借りられてよかったです。
ドイツ文学なのであまり馴染みがありませんが、それでも
図書館にありました。
じっくりと読んでいるところです。
ちょっと根暗な趣味ですが、でもやっぱり本が好きです💛

2021/03/20 (Sat) 21:30
スミレ(小紫)

スミレ  

To ばーばむらさきさん

ばーばむらさきさま、ありがとうございます。
知り合いのドイツ語の先生から、ナチスに加担した女性たちに
ついて話をしていただいた中で参照された作品として読んだのですが、
彼女のような形で組み込まれ、自己の劣等感からさらに悪い方向に
行ってしまった。
向上心があるゆえに却って逆の方向に進んでしまう。
自分をさらけ出して支援を求めることの出来ないメンタリティの強さ
(弱さ)を感じさせられ、ずっしりと心に沁みました。

今度の小説が描く女性像にとても興味が湧いています。

2021/03/20 (Sat) 21:46

いとこいさん  

この水仙 間違っているかもしれませんが 調べてみると
ナルキッスス・パピラセウス  ペーパーホワイトとも呼ばれるる数少ない種だそうですよ。
ラッキーでしたね。

2021/03/20 (Sat) 22:21
スミレ(小紫)

スミレ  

To いとこいさん

いとこいさん、ありがとうございます。
確かにナルキッスス・パピラセウスで検索すると、
白い6枚の花弁、花芯が黄色のスイセンが出て来ました。
周りとちょっと違っているな~とは思いましたが、
珍しい品種とも知らず・・・。
ありがとうございます!!

2021/03/20 (Sat) 22:36