FC2ブログ

森の中をお散歩、読了「森の中に埋めた」

2021年01月26日
日々 6

三寒四温でゆっくりとですが、春に向かい出した感じ。
昨日は雲ひとつない快晴の暖かい日。





ほんの少しだけ早く家を出たら、通学途中の自転車の学生さんたちに遭遇
途切れなくやって来る学生さんたち。
ノッチがあまりにうるさいので、河畔コースを歩くのを諦めて、森を通るエスケープルートに。





鬱蒼と木々が茂っています。
日差しが木々に遮られ、奥まで入って来ません。
夜明けのイメージですが、実際は8時半頃。





自然林なんでしょうか。
木肌がワイルドな感じ。

ノッチ、この頃だいぶ落ち着いてくれたな~と思う時もありますが、出会う車、自転車に八つ当たりするように強烈に吠えまくることもあり、その差の激しさに参ってしまっています・・・。


ようやくようやく「森の中に埋めた」を読了。
ミステリーの700ページはやっぱりきつい。
原作がそうだったんでしょうが、日本語版で上下に出来なかったものか。

ストーリー自体は面白くて、でも登場人物を確認しつつ700ページを読み続けるのは疲れた。
(上)は読み終えた、さあ(下)でどうやって読者をあっと言わせるかな~なんて達成感を感じつつ楽しみつつ、読める工夫あってもいいのかなと思ってしまいました。

それにしてもドイツ、ひいてはヨーロッパではいまだ数世紀前の歴史を背景として暮らしているかと考えさせられる部分と、シングルのまま子どもを産む、あるいは子連れで再婚、オープンな家族関係の終了、創設も書かれていて、その大きな差に日本との違いを強く感じました。

主人公のオリヴァーが サバティカルを取って、戻って来るか不透明な状態というか、警察を去るのではと思わせる終わり方だったので、このシリーズも最後かと思ったら、後書きには次作の話も載っていたので、ひと安心。
ただ日本語出版には時間がかかりそう・・・。




いつも応援ありがとうございます!!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
人気ブログランキング      にほんブログ村
スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 6

There are no comments yet.

まるたけ  

長編ミステリー読了、お疲れ様でした。スミレさんが読んだのは
英語版?日本語版?どちらにしても、ミステリーにはこの頃
遠ざかっています。読み通す自信がなくて・・・
深い森、深呼吸したくなりました。近くにこんな森があるなんて
いいですね。

2021/01/26 (Tue) 06:53

ぺるしゃ。  

うちのぺるも吠えるときはすごかったです。

もともと穏やかなシェルティーちゃん♡
でも、番犬の遺伝子も持っているから、怖そうな自転車や自動車は危険を知らせなっきゃ☆って思っちゃうのかな。。。❓
特に静かな自然の中ではびっくりするのかも〜。
ワンちゃんは音にも敏感だし。。。

帰宅したら、「安心して。。」のなでなでがあってるんだろうなー💕
アップルパイで一緒にお茶なさったのかしら❓

2021/01/26 (Tue) 08:29

いとこいさん  

ノッチちゃん 大声でのおしゃべりでしたか・・・・ノッチちゃんもびっくりしたんだよね。
森の道すごいですね どこか山にでも出かけられたような雰囲気ですね。
これはうれしい ノッチちゃんとのお散歩道になりそうですね。
長編のミステリー確かにしんどいですね。
こんがらがりそうです。

2021/01/26 (Tue) 21:44
スミレ(小紫)

スミレ  

To まるたけさん

まるたけさん、ありがとうございます。
もちのろんで、日本語です!
英語で読んだらただでさえ複雑なストリーが飛んでしまうかも。
ミステリー、じつは好きです💛
子どもの頃からルパンもシャーロックもクリスティも大好きです。

いまは落ち葉になって少しは日差しが入ってきますが、葉の茂っている
夏は怖いくらいです。

2021/01/26 (Tue) 23:30
スミレ(小紫)

スミレ  

To ぺるしゃ。さん

ぺるしゃ。さん、ありがとうございます。
シェルはうるさいと言われたこともありますが、
実際のところはどうなんでしょう。
とにかく音に敏感なのは確かです。
凄く気になるようです。

今日も帰ったら残っていたパイを。
ノッチにはかけらをあげました(笑)

2021/01/26 (Tue) 23:33
スミレ(小紫)

スミレ  

To いとこいさん

いとこいさん、ありがとうございます。
若者がいっぱい賑やかにお喋りをして、自転車に乘って
追い越していくのは、かなり感に触るようです(笑)

この道はさすが自転車は通れないし、人もほとんど
来ないので安心ですが、最初の頃はちょっと鬱蒼と
し過ぎている感じがして怖かったです。

2021/01/26 (Tue) 23:38