FC2ブログ

古傷

2020年12月28日
徒然 6

お転婆過ぎるくらいお転婆だった子供時代。
ある日砂利道(かつては多かった)で自転車を漕いでいて、タイヤを取られて転倒。
左の眉頭のすぐ右側、右肩が砂利で切れてしまい、血だらけで帰宅しました。

あの当時のこととて、消毒をしただけで、痛まなかったので、医者には行かずじまい。、
その傷跡がいまだに双方、分かる形で残っています。

肩は真夏でもない限り見えないので、ほぼ問題なし。
困っているのは眉頭の内側に縦に残った切り傷跡。
眉の縦皺と一体化してしまい、明らかにこちらがかなり深くなっているように感じます。

病院に行ってもきれいに傷跡が消えるかは不明、あの頃は形成外科なんてなかったし。
皺そのものは「しゃ~ないか」とあまり気にならないのですが、傷跡との相乗効果はちと気になってしまいます。






いつも応援ありがとうございます!!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
人気ブログランキング      にほんブログ村

スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 6

There are no comments yet.

ぺるしゃ。  

そうですね、昔はそんなもんでしたよ。
私も足のももを出っ張った釘で引っ掻いたのですが、ちょっと消毒して終わりでしたね。
左目の上の部分を友達が漕いでいるブランコに当ててぬったこともあります。
その傷は今も残っています。
でも頭を強打した割にはどうもなかったので頭蓋骨は丈夫だなと当時自分でお思ったもんです。まー、アタマ変になってたのかもしれませんが。。笑。
でも、今なら大変な騒ぎになるんですけどね、当時は「そんなもん」でした。
子供の数も多かったし。。笑。

どちらが良い対応なのかわかりませんね。
今は擦り傷でも病院です。
抗菌剤与えて。。。抵抗力はどうなるんだ〜ってよく思ったもんですよ。
医療費も無料ですしね。

2020/12/28 (Mon) 07:44

amethyst  

私も小さい時、坂を面白がって勢いよく走って転んで
ゴツゴツしたジャリ石で怪我しました。
ちかくの駄菓子屋さんで消毒してもらっただけだった
気がします。膝の傷は残りました。

スミレさんの優しい表情は傷跡を乗り越えますから
大丈夫!(#^^#)

2020/12/28 (Mon) 19:37

いとこいさん  

昔の傷跡 お顔だと気になりますね。
しかも微妙なところに・・・わかる気がします。
私も 30歳代で 転んだときに 左目の下を 壊れためがねのフレームの角が顔に突き刺さり
10針縫いました。縫った後が皴と一体化 
嫌ですね状態です。

2020/12/28 (Mon) 20:07
スミレ(小紫)

スミレ  

To ぺるしゃ。さん

ぺるしゃ。さん、ありがとうございます。
そうですか、ぺるしゃ。さんは縫うほどのお怪我も
されたのですね!
でも私たち(と言ったら失礼かも)の時代は呑気で
怪我をしてもさせても大騒ぎせず、子どもだから・・・で
済んでいた時代、それで何とかなったんですよね。

いまさら言ってもしかたないのですが、鏡を見るたび皺
(傷)が深くなっているようで、ついついグチっちゃいました。
ありがとうございます!

2020/12/28 (Mon) 20:43
スミレ(小紫)

スミレ  

To amethystさん

amethystさん、ありがとうございます。
おしとやかばお嬢様のイメージのamethystさんの
別の一面を見た感じ(笑)
傷跡、薄くなってもどうしても残るというか、ほかの
人が見たら何か分からなくても、自分が覚えていると
いうことでしょうか。
優しお言葉、ありがとうございます!

2020/12/28 (Mon) 20:48
スミレ(小紫)

スミレ  

To いとこいさん

いとこいさん、ありがとうございます。
いとこいさんもお顔に怪我をされ、10針と言えばかなり
大変だったのでは。
肩だとか膝は衣服で覆われていることが多く、あまり目に
することがないのですが、顔は朝夕嫌でも見ることになって。
傷は薄くなっていても記憶が傷を覚えているのが、悲しい
のかもしれません。
お気持ち、お察しします。

2020/12/28 (Mon) 20:58