FC2ブログ

雨の日、インフルエンザ予防接種をして、読書三昧

2020年10月09日
日々 8

今まで一度もインフルエンザ予防接種をしたことがありません。
今シーズンもパスしようかとも思いましたが目下のコロナ禍、判別が出来ないのも困る(と言ってもインフルに罹ったことはないのですが)、少なくとも実績のあるワクチンを打っておいた方が回りの人に迷惑をかけないかと出かけることに。

でもワクチン接種、医院ではスムーズに接種していただきましたが、予約を取るのが結構大変
市のHPで調べて該当する医療機関に予約せよとのことで電話しても、1/3は休診(のよう)、残りは予約したワクチン数に達したので、お断りばかり。
また入荷するけれど、予約は電話ではなくまず医院に窓口に来て、再度予約した日に来院なんてところもあったり。
もう止めようかとしてようやく10軒目ほどで予約なしで今日OKの医院を見つけ、速攻で雨の中でしたが、出かけました。

こんなに混んでいるというか、予約を取るのが大変だとは思いませんでした。
でも接種そのものはスムーズに。
極めて健康でかかりつけの医院がないのが原因のひとつかもしれませんが、おちおち病気にもなれないと感じた次第。





雨なので終わったらブラブラせずに帰宅して、退屈しているノッチを侍らせながら読書三昧。
エストニア紀行」は再読、国の概要を知りたいと思い「エストニアを知るための59章」を借りて歴史、文化、現在の理解を。

その中で書かれていたエストニアを扱った小説、「粛清」を現在読んでいます。
エストニアというとバルト三国のひとつ、ソビエトの崩壊によって独立した国、最近は電子国家として有名、でも一方かわいらしい雑貨や手工芸品で女性に人気。
そんなイメージしか持っていなかったので、順に本を読み進めるうちに(と言っても「粛清」は読み始めたばかりですが)えっ??、えっ??ってことが。
粛清」と聞くと政治に関わった人々を取り巻くミステリーかと最初は思っていましたが、主人公は名も知れぬ農村に住む、もう高齢と言っていい女性とその姪。
第2次世界大戦終了後のソビエトへの併合、そして90年の独立、そのふたつの時代を行き来しながら激動の歴史に翻弄されたふたりの女性の邂逅を描くミステリーとのこと。 
前2冊はほぼ同時期に相互参照しながら読んでずいぶん役に立ったので、返却日が来るまでもう少し手元に置いて、3冊目の理解に活用出来ればと思っています。





栗パンの残り半分とこの間柄杓を探した時に出て来たアラビア社のコーヒーカップでコーヒーブレイク。
このC&Sセット、使っていないので引越しの時に引き取っていただいたはずなのに、カップだけがなぜかひとつ出てきました・・・。
いつもは大きなマグカップで日に何杯ものコーヒーを飲んでいますが、昨日はそんなに飲むほどでもなかったので、この小さなカップが便利で。
このカップ&ソーサーはTVセットと呼ばれ、ソーサーにケーキやクッキーも載せられ、TVを観ながらお茶が出来るようになっています。
お皿はありませんが、別のお皿にカップを載せて、見立てTVセットとしました。




いつも応援ありがとうございます!!
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
人気ブログランキング      にほんブログ村
スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 8

There are no comments yet.

ぺるしゃ。  

もう、インフルエンザの予防接種のシーズンですね。
職業柄毎年して居ますけどね。笑。

エストニアのことは、ある有名なyou tuberさんの動画で見たことがあります。
電子国家であることは本当に有名ですよねー。
小さな国家でもと社会主義だから徹底しやすいのですかね。
日本も頑張って欲しいです。まー、国家に自分の情報を管理されたくない系がいっぱいいるんですけどね(決して国家が管理してるわけではないんですけどね。)
なんとなく行きたい国ですね。
自然も多そうだし、食べ物もお安いみたいだし。。

お皿にカップとパンが乗っかるのは便利ですよね。
あたいは、無理やり普通のお皿にマグカップとお菓子を乗っけている場合があります。
こだわらない性格みたいなんですよ。(こだわる部分はめちゃくちゃこだわりますが。。。あはは。。。ギャップありすぎなんですの。)

2020/10/09 (Fri) 07:35

まるたけ  

リトアニアとくれば、あと・・・バルト三国ってどこだっけ?
とついつい地図を調べたりして、の私です。
スミレさん、読書はかどっていますね~。
美容院で読んだ雑誌でリトアニア特集をやっていまして、可愛らしい
ものがてんこ盛りでした。そちらのイメージが強いです。

2020/10/09 (Fri) 14:01

いとこいさん  

接種後はゆったりされているのが一番ですよ
私はいつも体調を崩してしまいます

インフルエンザの予防接種今年は大変多いようですね
昨日かかりつけ医院で予約しましたが 多いのにビックリ
一日20人で10月中のお薬しか確保できず 後の入荷は未定
10月のみ受けつけ やっと予約できたのは27日でした。もうあと若干名しか空いていませんでした。
のんびり構えていたら 受けられなかったかもしれません。

2020/10/09 (Fri) 15:00

スミレ(小紫)  

To ぺるしゃ。さん

ぺるしゃ。さん、ありがとうございます。
エストニアはソビエトに占領、併合されて辛酸をなめてきて、
独立後はいち早くEUに加盟しているので、社会主義体制に
よってというわけではないようです。
森は多いけれど、最高峰の標高が318mというのが、残念です。

ぺるしゃ。さんのTVセット、こだわらないというより自由な
発想での食器使い、素敵です。

2020/10/09 (Fri) 19:14

スミレ(小紫)  

To まるたけさん

まるたけさん、ありがとうございます。
そうですよね、バルト三国は可愛らしい手作りで人気ですね。
でも、59章によると、三国として認識され始めたのは第1次
世界大戦後に主に地理的であって、文化的にではないそうです。
因みに言語/宗教もエストニアはフィン・ウゴル語系/福音ルーテル派、
リトアニアはバルト語派/ローマ・カトリックで結構違っています。

同じフィン・ウゴル語系のフィンランドに対し兄弟的感情を
持っていると知って、フィンランド好きとして、ますます
興味を引かれました。

2020/10/09 (Fri) 19:30

スミレ(小紫)  

To いとこいさん

いとこいさん、ありがとうございます。
そうですよね、こんな時代なので、いつもは遠慮する私でも
気になり出かけたくらいですので。
でも、想像以上に多くの方が希望しているようですね。
予約が取れてよかったですね!!
必ずしも今シーズン製造したインフルのタイプが流行するかは
不明ですが、でも安心感も大切ですよね。

2020/10/09 (Fri) 19:36

amethyst  

もうインフルエンザの予防接種を終わらせたんですね。
私はここ数年毎年打っていますが、
コロナ以前も予約は大変でした。
私も会社で予約をしましたが接種はまだまだ先。汗

エストニアの本を読んでいるんですね。
私が2017年9月にバルト三国を旅した時、
雑貨などのほっとするような可愛らしさが気に入ったのと同時に
独立前の厳しかった戦場下の様子が町並みからも伺えました。

スナックセットのカップと
バーレイのプラムキャリコのお皿、いい雰囲気です。

2020/10/11 (Sun) 02:05

スミレ(小紫)  

To amethystさん

amethystさん、ありがとうございます。
そうです、そうです、amethystさんの旅行記も参考に
しながら複視眼的に読んでみると、平面的だった印象
だったのが、3次元的なふくらみを持てるように感じられます。

フィンランドとの繋がりもamethystさんの旅行がフィンエア、
高速船だった理由も得心出来ました。

2020/10/11 (Sun) 06:46