FC2ブログ

夏は終わったけれど

2020年10月07日
お出かけ 10

夏は終わったけれど、茅ケ崎市立美術館で開催されている「ヴィンテージアロハシャツの魅力」展に。
アロハシャツの由来は日系移民が持参した着物地で作ったという説もあるけれど、それだけではないという説明にまず目からうろこ。





当初生地はハワイでは生産できなかったので日本のメーカーなどに依頼してレーヨンや富士絹で作っていたそうですが、戦後はポリエステルなどでも作られたとのこと。





今回は、1950年代頃までのヴィンテージを柄/デザイン等ごとに展示していました。
やっぱり和柄が多い、でもハワイの植物、風景、人物などをボーダー柄だったり、総柄だったり、目に鮮やかな色を使い、細かい筆致で描いていて、リゾート気分満喫。
そういえば、エアラインあるいは豪華客船用のアロハシャツも。
夢のハワイ旅行と言われた時代もありましたね。





第3展示室だけが写真撮影がOKで、この部屋の展示の後半には日本の著名人のデザインしたアロハも。
さかなクンの「ギョロハシャツ」、好きかも





会場を出た後、久しぶりに海が見たくて茅ケ崎海岸に。
江ノ島が意外に間近に見えます。





じつは湘南と呼ばれるこの辺りの海に、夏のシーズンに訪れたことはありません。
TVのニュースやドラマで見た賑わいのある場所とは同じと思えない、平日の訪れる人も少ない静かな海。

ふと「誰も知らない海」を口ずさんでしまいました。







いつも応援ありがとうございます!!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ  
にほんブログ村         人気ブログランキング
スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 10

There are no comments yet.

ぺるしゃ。  

懐かしいな。。。

「夢のハワイ旅行」。。。
アップダウンクイズで司会者がいつも言ってましたね。
それにしても。。。本当にアロハシャツって粋なデザインです。
簡単な洋服に見えるけど、結構なもんなのでしょうね。。。

それに、「トワエモア」が解散するって聞いた時、とても残念だった記憶があります。
子供心にあの二人は結婚して欲しかったです。。。あはは。。。
大人になると「そんなもんやね、たぶん。。一緒に歌っててもそう簡単には。。。」など妙に納得しました。笑。

2020/10/07 (Wed) 07:53

amethyst  

アロハシャツ、何年も前にハワイに行ったとき
買おうかどうか迷ったまま帰国してしまったことを
思い出しました。
その当時調べたヴィンテージとか凝ったデザインのアロハ、
すごく魅力的でした。
海がそばにある茅ケ崎の方々には
身近なんでしょうね。
日本との結びつきも多いので柄の
興味深いです。
さかなクンのも観てみたいですね。

2020/10/07 (Wed) 08:28
スミレ(小紫)

スミレ(小紫)  

To ぺるしゃ。さん

ぺるしゃ。さん、ありがとうございます。
ハワイはどこにも行けない今は別としてbefore コロナでは最も
ポピュラーなリゾートで、アロハシャツはそのシンボルですね。
アロハの模様、すごく細かくて、表現が素晴らしく、技術の
確かさを感じさせました。

「トワエモア」のおふたり、72年の札幌オリンピックの時には
「虹と雪とのバラード」を歌っていて印象的でした。

2020/10/07 (Wed) 19:57
スミレ(小紫)

スミレ(小紫)  

To amethystさん

amethystさん、ありがとうございます。
リゾートで着るものを買うのは、難しいですね。
その地ではいいけれど、戻ったら浮いてしまうというものも
ありますので。
でもアロハっていまやハワイでは正装、日本でも熱帯化している中
受け入れられて来ていますね。
持参したきものから作ったかは別として、和柄もの、素晴らしいです。
さかなクンのは上から3番目の写真の右側、いかにもという感じです(笑)

2020/10/07 (Wed) 20:18

いとこいさん  

アロハのデザイン素敵ですね
食べ物が乗った風の物いいなぁ~
湘南海岸憧れます
同じです・・・・私もひとけのない海を見ると
自然と この歌を歌ってしまいます。
この曲いいですよね。

2020/10/07 (Wed) 20:22

まるたけ  

スミレさん、ちょっとしたプチ旅行ですね~。
そして海にも行ったなんて、なんだかアウェイ感たっぷり!
波の音が聞こえるようです。歌とともに。
茅ヶ崎がハワイと姉妹都市だったなんて初めて聞きました。
私はアンティークのシャツに惹かれます。ロイヤルハワイアンホテルの
アーケード内??だったかな、アンティークの店があって
覗きに行ってたっぷり喋って帰ってきたのを思い出しました。

2020/10/08 (Thu) 05:08

home in my shoes  

茅ヶ崎市美術館、素敵な建物ですね(*´ω`*)。やっぱり美術館は入る前からが楽しいですもん。

アロハ展とは、またいいです(*´ω`*)。海の近くで海を感じるアートは美術品とは限らないって、柔らかい発想も素敵。また、各々がとっても楽しくて。

茅ヶ崎、商用で一度だけ行ったことがあります。東京から遠くて驚いたのは、広島の田舎モノからしたら
「関東って、どこでも東京なんじゃろ」くらいのバカな思い込みでした(´・ω・`)。

海岸、さすがに素敵ですね。「ドキュメント72時間」で湘南の海を見つめ続けていたエピソードが好きだったもので。

2020/10/08 (Thu) 05:51
スミレ(小紫)

スミレ(小紫)  

To いとこいさん

いとこいさん、ありがとうございます。
ハワイの景色もいいな、虎なんかも勇壮でいいな~と思いつつ、
でも食べ物のアロハは外せないよねと思って見ていました。

「誰もいない海」いいですね、ちょっと寂しい、でも生きて行く、
それを気張らず淡々と自分に言い聞かせているようで。
名曲ですね。

2020/10/08 (Thu) 06:44
スミレ(小紫)

スミレ(小紫)  

To まるたけさん

まるたけさん、ありがとうございます。
そう、海のない森の街から太平洋のを望む湘南の海。
2時間余りのプチ旅行でした。

街にはヤシの木も茂っていて、気温は少し高め、
海岸に出て波を見ていると、森も好きだけれど、
海もいいね~と自然に思われました。

アンティークアロハ、よかったですね。
きもの柄からインスピレーションを得て作られた
数々のシャツ。
見飽きませんでした。

2020/10/08 (Thu) 06:52
スミレ(小紫)

スミレ(小紫)  

To home in my shoesさん

home in my shoesさん、ありがとうございます。
地方の美術館は小ぶりですが、その地方を感じさせる佇まい。
今回もその地域の特徴の表れた展示で、係員はアロハ姿の市の
ボランティアさんでした。

こちらは2階にレストランというか、カフェがあって、開放的な
感じを漂わせていました。

東京というか、首都圏は広くて、端から端までは2時間以上
かかるのでは。
ただ地方だと2時間かかるところでは電車は1時間に1本とかひどく
なったら日に数本ですが、首都圏では10分、15分おきに乗れるので、
距離的時間が短く感じられるのだと思います。

海はおまけ感覚で行ったのですが、今年はコロナで特にそうなんで
しょうが、秋の海で人が少なくて、目一杯海と空を味わえました。

2020/10/08 (Thu) 07:04