FC2ブログ

予約した本の順番が来ない時は

2019年12月12日
本の虫 2

読もうと図書館に予約している本がどれも人気のあるもののせいか、10人待ちは当たり前。
70番台、80番台、100番台なんていうのもあって、悲しい状態。

買うことも考えましたが、繰り返し読まないのであればと、本棚を眺めていたら・・・。
この間書いた、HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOK、ハヤカワ・ミステリの新書版が目に留まりました。





父の本棚からこっそりと持ち出し返さなかったアントニア・フレイザーのジマイマ・ショアのシリーズ3作、「尼僧のようにひそやかに 」、「野生の島」、「哀しみのカーテンコール」。
出版年はそれぞれ1978年、1983年、1985年、紙が黄色くなって古過ぎ
文字が心なしか小さい。多分1ページ当たりの行数、1行当たりの文字数が多いはず。

インタビュアーをしている女性が探偵役、イギリスの歴史と社会が事件のバックとして描かれているのが面白く、また気になって、読んだ記憶があります。
上京する時かなり捨ててきたはずなのに、残っているのが不思議。
第1作目「尼僧のようにひそやかに 」を除いては内容をほとんど忘れています。

これから年末にかけ、順番が回って来る本は多分1~2冊。
それなら内容を忘れてしまった本を読み直してみるのも悪くないかもです






新書版なので、バッグに入れて持ち運べるし
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
人気ブログランキング      にほんブログ村


スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 2

There are no comments yet.

よっちん  

今日は仕事が多忙につき
たった今の帰宅です。
訪問だけで失礼します。

応援ぽち

2019/12/12 (Thu) 23:07
スミレ(小紫)

スミレ  

To よっちんさん

師走は特にお忙しいと思います。
お大事に!
いつも応援ありがとうございます。

2019/12/13 (Fri) 06:54