FC2ブログ

三内丸山遺跡に

2019年09月08日
2

最終日は青森県立美術館に行くグループとお隣の三内丸山遺跡に行くグループに分かれて行動。





どちらにするか結構迷いましたが、結局私は三内丸山遺跡に。





三内丸山遺跡は、縄文時代前期/中期(今から約5,900~4,200年前頃)の大規模な集落跡で、竪穴建物跡や掘立柱建物跡、また多量の土器や石器などが見つかり、国の特別史跡に指定されています。





掘立柱建物や





竪穴建物などが広い敷地に点在しています。





内部の壁はこんな感じで、非常に丈夫に出来ています。





また縄文時遊館には出土品のほか、当時の人々の暮らしを復元した展示コーナーがあり、かつて習って今や朧げになっている縄文時代が蘇り、見飽きません。





縄文時代の衣服を着て写真撮影も出来たりで見るだけでなく、実際に触って羽織って縄文を体感。

そして、この時代から和犬が人間と共に暮らしていたとのこと。ワンコとの強い絆を再確認です。





土偶ですが、どうしてもこの顔はムンクを思い起こさせました。さしずめ縄文時代の「叫び」。


これでタイムラインでの紹介は終了です。食べ物編と写真紹介、もう少しお付き合いください。





タブレットでアップは大変・・・
  にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
人気ブログランキング       にほんブログ村

スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 2

There are no comments yet.

ViVid Mr.K  

こんにちは。。。
土偶など古代の芸術家が作った作品に対して、現代の学者の感覚で何かしらの意味をこじつけようとしますが、古代の芸術家の感性なのですから、それは無茶ではないかと私は思います。。。
ですので、なにか叫んでいるとか、あくびとか・・・それは受け止める側の感じ方で正解なのではと・・・
お邪魔いたしました。。。

2019/09/08 (Sun) 16:03
スミレ(小紫)

スミレ  

To ViVid Mr.Kさん

ViVid Mr.Kさん、まさにそうだと思います。
私が見て、「あれっ、見たことがある感じが」と「叫び」と書いてしまいましたが、
縄文人にとっては違った感情を表しているかもしれません。
また私以外の現代の人もまた違ったように受け止めているかもしれません。
1対1でどう表現し、またどう感じるかは、違って来るかと思います。

コメントありがとうございます。

2019/09/08 (Sun) 17:34