FC2ブログ

なつぞら もうひとつの違和感

2019年06月06日
日々 0

なつぞら、なつが十勝から東京に移り、周りの人々も変わってきていますが、またもやちょっと違和感が。それはなつが時々喋る「なまら」という形容表現。「とても」とか、「大変」とかの意味で、主に(若い)男性が使うのが一般的。「なつぞら」だと音尾琢真演じる戸村菊介なんかが使っているならとっても納得、自然な感じ。

年代的にも男女で言葉使いが違う私たちの上の代のなつが使うとは考えにくい。もちろん、広い北海道、絶対にないとは言えませんが・・・。

帯広出身といえば、中島みゆき。みゆきのキャラクターならMCの流れの中で、もしかしたら「なまら」と言うかもしれません。


そういえば、ミックジャガーが札幌に来た時「なまら嬉しい」と言って道産子ファンを喜ばせてくれました。これって、ミックのキャラにピッタリで、ものすごく受けていました


私がいまだに使っている方言はふたつ。ひとつは「あずましくない」、これは主に否定的に使います。あまりしっくりこない、落ち着かない状態の時に。ある種の状態はあずましくないとしか表現出来ない、ニュアンスがピッタリなので使っています。

もうひとつは、周りの人をギョッとさせることがあるので、要注意。北海道では「投げる」という言葉を「捨てる」という意味で使います。一番頻繁に使うのが、「ゴミを投げて来ます」 入社当時これを聞いた先輩が私が非常階段からゴミを投げ捨てるのではないかと、本気で心配したそうです







このシュークリーム、なまら美味しいべ~ なんてね





同じ言葉で違った意味での使用なので微妙です
 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 穏やかな暮らしへ
人気ブログランキング             にほんブログ村


スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.