FC2ブログ

こんなことをしながら息抜き

2018年11月06日
翻訳 2

お散歩の途中にあるお花屋さんで見かけた鄙びた感じの秋色リース。

その鄙び感がとってもステキで、1度ノエルを連れ帰ってから、再訪。


お店に展示してあり、日に晒されて退色していて現品しかないけれど

いいですか、その代わり1/4のお値段にしますというので、一も二もなく

持ち帰りました。







鄙びた感じをより出すのはARTモードのヴィンテージかなと思い、こちらで

撮影してみました。







ついでにそばでつまらなそうな顔をしていたノエルもヴィンテージで撮影。


ところで最初にこのリースを見たとき、weathered(風雨にさらされた、風化

した)という言葉が頭に浮かびネットで調べたら、weathered wreathという

商品が英語サイトにありました。

dried wreathという言葉もあり、その違いをネイティブの友人に尋ねたら、

同じ意味だけれど、driedの方が一般的。

weathered wreathとも言うけれど、色褪せた古い感じがするとのことでした。


古いもの好きにはweathered感は悪くはないのですが・・・・








こんなことをしながら息抜きしていいます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 2

There are no comments yet.

amethyst  

No title

さび色リース、メインはあじさいの花(弁)でしょうか。
花びらの形が素敵なんですよね。
しかもお得にゲット。むふふ。

私は毎年近所の秋のバザーでリースを買うのですが
大小と買いすぎた年もあり、最近はあまり買わないようにしています。
でもやはり雰囲気が好きで一つは求めます。

シャビーという言葉が一時はやりましたね。
weatheredもある意味年月を重ねたという意味もあるのでしょうか。
茶道の寂び、に通じるものがありますね。

2018/11/08 (Thu) 09:06
スミレ(小紫)

スミレ(小紫)  

To amethystさん

こんにちは、リースは紫陽花で秋色だったのが、少し日焼けしています。(^^;
でも、そこも何となくよくて・・・。
だからお安くです。

シャビ―もいいニュアンスですね。
仰るように、weatheredも風化した侘び感がいいです♪

2018/11/09 (Fri) 13:30