FC2ブログ

問題は部屋の使い方と本棚

2018年07月31日
日々 0

リフォームをまたしようとまでは考えてはいませんが、突き詰めると、部屋

の使い方がその部屋に収まっているものとうまく一致していない、具体的

には本棚の中身が部屋と合っていないのが問題ではと思っています。


リビングに洋室1、洋室2の本棚に引越して来た当初は、

リビング(大きな本棚): 茶道、クッキング、山や旅行のガイドブックetc

洋室1(ベッドルーム、70~80年前の本棚): リラックスできる好きな本

洋室2(仕事部屋、大きな本棚): 仕事関係、捨てられない古い本etc

として振り分け、それなりに機能していました。



それが暑さ寒さの問題から(エアコンは洋室2には無し)洋室1を仕事部屋

兼用とし、洋室2を開かずの間にしたのが多分きっかけ。

仕事が来ると10時間以上お籠りするので、電気ストーブやサーキュレータ

ではとても凌げない。

エアコンを付けたらとも思いましたが、3台もなんてあまりに贅沢過ぎて・・・。

で、エアコンのある部屋で仕事をすることにしたのですが・・・。



よく使う仕事用資料は最低限というか、隙間がありかつサイズ的に入るもの

であれば古い本棚に移しましたが、そもそも古い本棚はその時点でいっぱい。

しかも棚の高さが固定で高さも変えられないし・・・。








何かあるたびにあの本はどこに、あの資料はあそこだったかしらと探し

回る時間が無駄過ぎ。

しかもまた元に戻せばいいのにそれもしないで仮置きしているうちに、

薄いものなどはどこかに紛れ込んで・・・。


本棚の入替え、さらには不要になったもの(資料を含め)の整理を適当に、

いい加減に延ばし延ばしにしてきたツケが回って来た感じ。


幸い、お盆はこちらで過ごすので、それまで3週間あまり。

今度こそ見ないふりして来た本(棚)の整理に取り組みます、って宣言

しときます








 本当に出来るか!?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.