FC2ブログ

痛恨の読み間違い 熱海

2018年07月03日
0

2日目の天気予報は出発数日前までは雨、2日ほど前になってようやく曇り

となり、前日になっても、曇りのみ。

そんなことで日の出は諦め、目覚ましをかけずに起きられたら起きてみよう

と寝入み、ふと目覚めたら、何となく空が明るい







急ぎカメラを持って窓際に行って見ると、もう朝日が上がっている


それから夢中になってシャッターを切りましたが・・・







串本では太陽の出が悪かったので、通常使っている設定でよかったものが、

今回は周りが明る過ぎて、結果写真全体として暗くなってしまいました


たとえ天気予報が曇りでも、ちゃんと準備しておけばよかったと、も~も~

悔やまれます。







この日はまた本島に戻り、まずアカオハーブ&ローズガーデンに。


思った以上に広くて、まず園内のバスで天辺に。

それからおもむろに下りて来るのが順路のようですが、何しろ梅雨明け

(熱海はまだのはずですが)。

日差しの強さをじりじりと感じながらの散策でした。







かなり高くまで上がっています。







ラベンダーは残念ながらもう刈り入れが済んだようで、葉っぱだけ。

紫陽花もバラも咲いてはいるものの、盛りを過ぎたようです。







それでも歩く先々で見られます。







こんな色の西洋紫陽花も好きです。







名前が書かれているものはほんの少し。

花好きの友人も名前が出て来ないものも多数。







***







***







青みがかった薄いラベンダー色のバラ。

友人が青いバラではと言うのですが、どうでしょう・・・。







もう少し見ていたい、でもこの日差しには勝てない、もう少し時期をずらして

リベンジしようとふたりで話し合いました。







軽くランチを食べて向かったのが、伊豆山神社。


ここ、最短のコースでも189段の石段を登ります。







手水鉢は伊豆山神社のシンボルの、赤白二龍。

赤龍は火の力、白龍は水の力を操る温泉の守護神だそうです。







頼朝と政子のゆかりの地で縁結びと強運のパワースポットとか。

お参りした後は今日の密かな目的地、走り湯に。







こちらに地図、また説明がありますが、伊豆山神社には熱海の海岸線近く

にある走り湯から始まる837段もの参道もあります。


軟弱な私たちは下って走り湯に行きました。

登りでないのでその分楽と言えば楽ですが、手すりのない石段の参道は

それなりに注意が必要。







それでも15分かからずに走り湯に到着

1300年前に発見された横穴式源泉で、日本三大古泉のひとつだそうです。







中に入れないわけじゃないけれど、入口に1歩足を入れると、もわっとした

湿った熱気が。

さながらサウナのようで、炎天下歩いて来た身には過酷過ぎて、それ以上

奥には進みませんでした。







帰りは来た石段を少し登って戻り、バスで熱海駅に。


暑気払い兼反省会で、静岡県産の抹茶を使った抹茶ラテで喉を潤しつつ

2日間の締めくくり。

もう少し下調べをすればよかった、甘く見ていたのがというのが、ふたり

共通のかつ一番の反省点でした。


(注:行ったのは結局大辺地に行った友人と2人で。紹介してくれた友人は

都合でご一緒できませんでした


登山靴を履かずに出かけた、数少ない旅行。

これからはこんな機会をもう少し増やしたいです。








 I will be back
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.