FC2ブログ

晴れ女ですが、富士山との相性はよくない

2018年07月02日
0

串本で太平洋から上る朝日が見られず残念がっていたのを聞いて、初島

にあるリゾートホテルの会員権を持っている友人が、「それじゃ~、初島で

朝日を見よう」と、誘ってくれて、梅雨明け宣言が出たその日に熱海に。







天気予報では、1日目は晴れ、2日目は曇りとなっていたので、まず第一日

目にもうひとつの目標の十石峠に。


梅雨明けとなり、東海地方の熱海でも強すぎる日差しだったのですが、

箱根に向かうバスが峠を登って行くに連れて、雲が


山頂に向かうケーブル駅から眺めると、まったく景色が見えません。







峠からはお天気がよければ、360度の眺望なのですが・・・。

こちらは真鶴岬。







沼津アルプス、中央の一番高い山が鷲頭山、396m。

高くはありませんが、アップダウンが続き登り甲斐がありそう、行ってみたく

なりました。







雲・・・・







この雲の向こうには雄大な富士山があるはずなのですが、まったく頭を

見せず。







さらに上を見ると、青空が

かなり速い雲の流れ、もしかしたら・・・と強風の中20分ほど頑張りましたが、

やっぱり何も見えず。







これまでも何回か富士見旅、富士見登山をしていますが、雄姿を見られ

たのは、ほんの数回。

晴れ女なので、10日前の雨の予報が消えて、結局梅雨明けになりましたが、

富士山との相性はよくない







紫陽花を愛でつつ山を下り、次は起雲閣に。







ここは明治の実業家、政治家により別荘として建てられ、その後旅館として

使われ、数々の文豪が逗留し、小説を書いたところ。






和洋折衷の部屋の数々。

ローマ風呂などもありました。






文豪坪内逍遥のカリカチュア。







熱海に因んだ尾崎紅葉の「貫一お宮」のこけし。


このほかにも太宰治や、谷崎潤一郎などのそうそうたる明治・大正・昭和

の文豪が泊まられたお部屋のしつらえを楽しみました。







熱海というと、「貫一お宮」、かつてのハネムーンや社員旅行の地だった

けれど、最近はさびれた温泉街のイメージしかなかったのですが、こんな

港の景色を見て考えを一変。







ヨットと高層マンション、高層ホテル?


そんな景色を見ながら、いざ初島です。




2日目は、また・・・。








 駅もきれいでした
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.