FC2ブログ

大辺路 長井坂

2018年05月19日
0





大辺路長井坂の馬転坂の登りは何と周参見の某生コン工場の敷地から

始まります。

作業している方々に挨拶をして、いざ出発。

小辺路でも見かけた、幅の狭い、それでいて急な石段です。







こんな感じの登り道を15分ほど歩くと






馬転峠に到着。

こんなところにと驚くように大きい観音様。







ここから望む枯木灘は、広々として海の色も青く澄んでいてきれい。






峠を下り西浜入口を通り、紀勢本線路沿いに進んで行きます。

で、ここで大失敗

タオの峠入口の道標を見逃してしまい、出口に当たるところから登り始め

方向的におかしいねとは言いつつ、また林道に出たら、少し前に通り過ぎ

たところに出てしまい、間違えたことを実感


よくよく見れば、ちゃんとしっかりとした道標があったのに、何故か見逃した







お腹も空いてだいぶ疲れたところで見かけたとても面白い形の家。

イルカのように見えます。

公的施設かとも思いましたが、ほかの方のブログを見ても何も書かれて

いません。


何ともかわいらしいお宅にしばし疲れも忘れて見入りました。







山に目を向けると、モコモコに茂った木々が気持ちを和ませてくれます。












タオの峠を間違えたので、和深川王子神社到着はもう12時少し前。

熊野古道を歩くと○○王子によく出会いますが、大辺路にはこちらを

含め3つしかないとのこと。


神社横には完備したトイレもあります。

ようやくここで腰を落ち着けてお昼を食べ、午後の大辺路のメインイベント

の登りに備えました。








またもやモコモコの木々。

今回の古道歩きは林道という名のコンクリ道歩きも多々あり、気持ち的

に頽れそうになることも度々。

この集落から望む山とモコモコ樹木がギュッと心を掴み、下向きの気持ち

を何とか持ち直してくれました。







そして長井坂西登り。

ここの歩きは大変だけれど、雄大な枯木灘の景観が見えるはずと頑張って

登りましたが、木々の成長のせいか、海側の景色はほとんど見えず、悔やま

れます。







でも嬉しかったのはこんな巨大なキノコを見つけたこと。

初めは花?とも見間違える感じですが、そっと触ってみると、キノコの

柔らかさ

植物好きの友人がペットボトルを置いてそのサイズを比較しましたが、

20cm以上ありました。

名前は残念ながら、今だ分かりません。







ところどころ石段のある道を下って行き、県道と合流してみれば、見老津

駅のすぐそば。







周参見町内にある無人駅、電車は1時間に1本程度。

次の列車までまだ時間があったので、自販機で喉を潤しつつ、先ほど

あまり見えなかった、枯木灘を存分に堪能しました。

歩行総時間は迷った時間も含め、約5時間、夜歩数計を見たら、25000歩

を超えていました。








いいところなのに、歩いている人がいないのが残念
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村

スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.