Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

耐寒性の不思議

  11, 2017 07:39

またまた北海道との比較の話でごめんなさい。

今日たまたまエレベーターでスーツに手袋を履いている男性を見かけて

「え~~っ」となりました。

北海道だとまず11月に手袋を履くのは限られた層(概ね高齢者)、男性は

例えオーバー(それに類する羽織もの)を着ることがあっても、12月、1月

になっても手袋は履かないこと多し。

寒さ感覚が多分違って、今から手袋を履いていたら、厳冬期どうする!?

という気持ちもあるし、若者は軟弱と思われるのがイヤなのかもしれない。


そういう意味では道産子は耐寒性はありますが、一方室内は目一杯温かく

なければ、いけない。

北海道の人間が1月、2月に東京の知り合い宅に泊まると風邪を引くという、

笑い話みたいな本当の話を聞きます。

かく言う私もコタツとエアコン暖房で風邪を引いたひとり。

部分暖房というか、足元だけ温かくても、ダメなようです。

室内は集中暖房だとだいたい25~27℃はあって、セーター不要の状態。

最近は細かくコントロール出来るようにはなってきていますが、それでも

こちらより高め。

メンタルな側面はあるかもしれませんが、室内はより温かくなくてはダメと

いうのも不思議です。







最近冬に向けて木々の手入れをしているのを見かけます。

北海道だと木を雪の重みから守るための雪囲いの時期ですね。


そういえば椿も北海道では見かけません。

自生している椿の北限はやっぱり本州の北部地方のようです。







 手袋を履くは方言!?
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  •   11, 2017 07:39
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo