Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

神楽坂の施茶釜に

  05, 2017 07:23

神楽坂のお茶室で、毎月第一土曜日にお釜がかかっており、久しぶりに

友人と出かけてきました。

いつもご一緒させていただく先生は今回はご自分のところのお道具の

入替えのため、欠席。

お軸やお道具、いろいろ聞いたのですが、お干菓子が栗と松、洗足の

太市製なのしか覚えていません・・・・。

緊張し切って写真もまったく撮らずじまい。

強そうにみえて、気が弱い私です、はい。


間もなく施主様がアップすると思いますので、その時に改めて、リンク

しますね。


11月は炉開き、茶人のお正月。

初心者二人連れ、気持ちも新たに一服いただいてきました。







ちょうどお昼の時間にかかってしまい、食事をするのには微妙な時間。

デザートをランチ代わりにするとんでもないふたりでした






 久しぶりの炉の音に惹かれました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
  •   05, 2017 07:23
  •  2

COMMENT 2

Tue
2017.11.07
08:14

sogno  

薄紫の濃淡が美しいです。素敵ですよ!
柔らか物、やっぱりいいですね~
たまには袖を通してみたいものです。

2017/11/07 (Tue) 08:14 | EDIT | REPLY |   
Tue
2017.11.07
20:18

スミレ  

To sognoさん

sognoさん、ありがとうございます!
でもいまひとつキチンと着られないのが、悲しいです。
他流のお茶会なので、オーソドックスなものにしました。
友人はなんと、単の紬でした。

2017/11/07 (Tue) 20:18 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

boo