Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

前例のないことをする ドリーム

  26, 2017 07:17

この秋、どうしても観たいと思っていた映画に行ってきました。

「ドリーム」、NASAで働いていた黒人のリケジョたちのストーリー。

ソビエトに人工衛星第一号の打上げで敗れたアメリカ。

何としても衛星を、有人衛星を成功させなければならない。

そんな時代に科学の力でNASAを支えた女性たち。







女性であるだけでもイヤというほど差別されていて、さらに人種差別をいまだ

是としているヴァージニア州。

実力があってもそれを受け入れない二重の壁。

それを前向きに打ち破っていく女性の姿にただただ脱帽。

主役のキャサリン・ジョンソンはその天才的数学能力で実力を認められて

行きますが、そこに必要なのがその能力を能力として性別も肌の色も

関係なく受け入れる度量のある上司、管理職の存在。

ケビン・コスナー、久しぶりにカッコイイ


前例のないことの前例になることを許可する判事となることの意義を堂々

と主張した、NASA初の黒人女性エンジニアのメアリーのスピーチにも感動。


ストーリーはグレン大佐がマーキュリー6号(フレンドシップ7)の不調で

無事地球に帰還できるか否かのシーン。

新たに導入したコンピュータではなく、キャサリンが軌道を、着水地点を

計算し、彼女の計算を信じるジョン・グレン。


この10数年後、日本で手ではなく日本のコンピュータでFORTRANを使い

日本の衛星の軌道決定プログラムに携わりました。


そう遠くない過去にこんなに苦労して、想像を絶する差別に遭いながらも、

でもそれに負けずに貫き通した先輩がいることを改めて誇りに思ったひと時でした。





  Dreams come true !
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
   

スポンサーサイト

COMMENT 3

Thu
2017.10.26
19:45

sogno  

「この十数年後・・・」携わったのは、スミレさん自身?

私はこの映画を観る前も後も、リケ女のスミレさんのことを
思っていました。

2017/10/26 (Thu) 19:45 | REPLY |   
Thu
2017.10.26
20:39

スミレ  

To sognoさん

sognoさんにイメージしてもらって、感激です!!

この当時の重電メーカーは女性を取らず、ソフトウエアメーカーは
人材確保に苦戦していて、女性を採用せずにはいられなかったのです。

私は74年から5年ほどドロシー率いるソフト開発のメンバーのように
コンピュータに正しく計算させるためのプログラム開発をしていました。


2017/10/26 (Thu) 20:39 | EDIT | REPLY |   
Tue
2017.10.31
07:09

今日も生かされて  

一人一人の心がけ

PCやスマートフォンなどは身近なものになって、地球上のどの人々とも隣同士に住んでいるようなものであります。
社会観として社会の中ではお互いあてにし、あてにされる関係の中で生きています。

人を思いやる気持ちは、自分に対する「愛」、他人にも同じように与える「愛」そのものです。
思い遣りや慈しみ、利他の心、報恩心を持つことこそが、「自他に対する愛情」となります。

支え合い、分かち合い、助け合いが大切となるこれからの時代において、普段日常で心がけていれば、いつか自分にも返ってくると思います。

2017/10/31 (Tue) 07:09 | REPLY |   

Post a comment

boo