Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

標準の人が羨ましい

  03, 2017 07:17

山友達が登山靴を買い替えるというので、参考のため一緒に出掛けました。

登山靴にはじつは「5年問題」というのがあって(大げさ)、製造後5年くらい

経つと経年劣化で靴底がある日突然カパッと取れることがあるというもの。


その友人も5年前の熊野古道で靴が壊れてしまい、同行の友人から借りた

紐で何とか凌いで下山した経験ありなので、今回も用心して買うことに。


私も札幌時代から履いており、5年以上経過しているのでヒヤヒヤで、いい

のがあればと思っていたのですが・・・。


普段の靴は彼女は甲高、幅広で23cmくらい、私は甲薄、幅狭、24.5cm、

ついでに親指がかなり長め。

国内ブランドはもとより海外ブランドでも日本仕様と称して3Eとかの幅の

広いのは販売しているし、バーゲン(じつはバーゲンだったので出かけた)

で安くなっているのに、私向きのはなかなかないし、あっても高め。

履き心地がいいけれどちょっと小さめの靴があったので、これのワンサイズ

大きいのはありませんかと聞いたら、「女性用ではなくて、男性用ならあり

ます」との返事。

「サイズ以外は甲や幅も変わりないですよ」とは言われたものの、女性用

との違いは何かを考えるとどうしても全体的に大きいのではと思えてしまい、

今回は様子見で撤退。


友人はしげしげと私の足元を見つめ「それほど並外れているようには見え

ないけれど」と言われ、ガックリ

微妙に標準サイズ、パターンから外れて苦労しています。

ヨーロッパ仕様なら結構合うものもサイズの幅もあるとは思うのですが・・・。


標準サイズ、パターンの人を羨ましく思ったひと時でした。










 多様性を認めてほしい
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
     にほんブログ村
スポンサーサイト
  •   03, 2017 07:17
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo