Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

ドン・ジョヴァンニ

  11, 2017 07:35

昨年の12月に続いてドン・ジョヴァンニ」を聴きに出かけました。

前回のドン・ジョヴァンニもそうでしたが、今回も後ろにオーケストラ、前方が

簡単な舞台となっていて、演奏会形式と言うそうです。


メインの女性歌手ドンナ・アンナ、ドンナ・エラヴィータは演奏会衣装風、

村娘のツェルリーナはその雰囲気の衣装。

ドン・ジョヴァンニは貴族風の衣装ですが、従者のレポレッロはイギリス

風ジャケット(?)、そのほかも結構イマ風。

ドン・ジョヴァンニの歌はもちろん、ドン・オッターヴィオのテノールもすばらしい。

でも男性陣では従者のレポレッロの舞台を盛り上げる歌いっぷりから目を離す

ことができずです。


女性陣では前回同様感情豊かなドンナ・エラヴィータに引き込まれました。

とにかく存在感たっぷりで、ドン・ジョヴァンニに対する思いを歌う場面は

こちらも感情移入。


ツェルリーナ役は日本人でしたが、残念ながら私の耳にはふたりのドンナは

す~~っと耳に入って来たのに、彼女の声は弱々しく感じてしまいました。

後半はだいぶ良くなりましたが、イタリア語のせい?


イタリア語と言えば、こんな素晴らしいオペラだったのに残念なことが、ひとつ。

字幕ってこんなに小さかったかしらと思うほど、辛うじてオペラグラスで識別

できる程度。

予習はしていったものの、それでも今なんと歌っているのか知りたくて、舞台

中央と字幕を交互に見るのは、かなり大変でした










  また行きたいです
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
     にほんブログ村
スポンサーサイト
  •   11, 2017 07:35
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo