Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

短期決戦型

  12, 2017 07:05

秋に向けての何回目かの練習登山。

今回富士山を望む足和田山に行きました。

高尾あたりでは少し雨の降る天気。

でも晴れ女と天気予報を信じて中央本線・富士急直結の河口湖行に乗車。

途中ですれ違った電車。

すごい派手と思ってよくよくみたら、スイスのマッターホルン・ゴッタルド鉄道

との姉妹鉄道提携を記念
したもののようです。







バスの時刻表を読み間違え、登山に辿り着いたのが、予定時間より1時間

遅れ。

雨は降ってはいないものの、気温、湿度とも高いなか、出発です。

登山路はところどころ丸太の階段があって、却って歩きにくいものの、概ね

登りやすいし、遅れを取り戻したい気持ちがあって急いたのも、事実。







気が付いたら、後ろを歩いているはずの友人がかなり遅れている

しかもいつもは使わないポールを登りで使っていて、かなり苦しそう。

少しスピードを落として、間隔があまり開かないようにしても、少し進むと

また同じように間隔が開いてきて・・・。


登りだすと登ることだけに集中して、周りを見ない。

友人は登山道に咲く花や木の実の名前、鳥の鳴き声からその名前を

教えてくれたり。


一方私はせっかちで気ばかり焦って。

仕事でもそうなのですが、山登りではさらにこの傾向が強くなり、特に

登りは短期決戦型で頂上に辿り着くことばかり考えて登っているようで、

嫌になります。


少しぐらいコースタイムをオーバーしても全然問題ないのですが、とにかく

せかせかしてしまいます。

短期決戦型で、長距離走が苦手です。


でも友人と行く山も楽しいし、そんなときは全体のスピードに合わせないと。

反省反省です。







足和田山の頂上は別名五湖台とも呼ばれ、かつて展望がよかったよう

ですが、あいにくの雲と霞んだような天気で、展望台に上がっても河口

湖をちょっと望むだけ。


眺望の場としては頂上から下って1時間ばかりのところにある三湖台の

方がよかったのですが、さらに霞んで富士山はおろか、西湖もようやく

識別できる程度でした。







下るにつれて日が差して来ました。

紅葉台付近の紅葉、今は青々としていましたが、秋にはきれいに色づく

のでしょうか。


急いで行動した分、帰りのバスは予定の便に辛うじて間に合いました。

次回はもう少し落ち着いて景色を眺めたい、特に今回見られたかった

富士山をじっくり眺めにきたい山です。






 また来たい山がまたふえた・・・
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
     にほんブログ村
スポンサーサイト
  •   12, 2017 07:05
  •  2

COMMENT 2

Sun
2017.08.13
09:09

sogno  

いいなあ。
一緒に山登りできる友人さまがいて羨ましいです。
そういえば「山の日」NHKで仙丈ケ岳を紹介していましたね。
ご来光や山ごはんにも憧れます。

2017/08/13 (Sun) 09:09 | EDIT | REPLY |   
Sun
2017.08.13
10:27

スミレ  

To sognoさん

sognoさん、こんにちは!
私の友人はもうほぼ山のみですと言ってもラクチン登山がメインですが(^^;
仕事関係も少しいますが、実際のところは仕事+山。

山の日特集、見ました!!
仙丈ケ岳、実はまだ行っていない。
行きたくなりました、かなりきつそうですが。

2017/08/13 (Sun) 10:27 | REPLY |   

Post a comment

boo