Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

載せ切れなかった写真を少し

  09, 2017 07:37

今回は鶴岡のビジネスホテルをベースにして行動。

最後にちょっとは優雅に過ごしたいねと温泉に1泊してきました。







例によっての温泉のお料理でしたが、ちょっと変わっていたのが、

このお凌ぎ。

うどんかな~と思って食べていましたが、いただいた献立用紙を見ると

「庄内名物 麦切り」とありました。

??とググったら、こんな書込みが。

山形県の庄内地方の特産のようですね。

そういえば、ホテルの売店でも見かけました。







こちらは見るからに違うぞ~という感じの蒸し物。

茶碗蒸しかと思って開けたら爽やかなグリーン色が目に飛び込んで

来ました。

だだちゃ豆の茶碗蒸し、冷えていてすっきりとしたお味でした。







東京と札幌は学生時代からもうイヤというほど往復していますが、大学

生時代に広島から日本海回りでその当時の国鉄で戻った以外はすべて

飛行機を使っていて東北地方は空の上から眺めただけ。


そんなのもあって、来年もまた東北を訪れたいのですが、今回印象に

残ったのが、日本海の海の色が想像するよりずっと明るかったこと。


北海道で見る日本海はどうしても色が濃く、波も高いこともあって暗い

イメージでしたが、夏の山形から新潟への車窓からの景色は見事に

私の想像を(いい意味で)裏切ってくれました


そういえば、山形県なんだから、東北新幹線に乗って、山形新幹線に

乗り換えてと思い込んでいましたが、羽越本線で新潟に出て上越新幹線

を使うのが速いし、安いのも今回初めて知りました。







乗り換えの時に新潟で食べたへぎそば。

つなぎに布海苔を使って小さな束にして盛り付けています。

目で見た感じ、そういえばちょっとグリーンがかった感じがしなくもない

けれど、でも写真では写せませんでした

歯応えが割合とあって、のど越しがツルッとした感じ。







さらにお墓が新潟にあるという友人のお勧めで注文したタレカツ。

ごく普通の一口カツに見えますが、ちょっと厚さは薄目で、この状態で

すでにタレをくぐらせてあるので、このまま何もかけずにいただきます。

雪国なので、味は濃いめと思いきや、意外にさっぱりとしたお味。


そういえば、木曽駒に行ったとき駒ヶ嶺でソースカツを食べたことを

急に思い出しました。



私にとっては山も記憶に残りますが、それ以上に食べたもので、訪れた

街や地方を記憶しているようです


長々とお付き合いありがとうございました





  感謝です
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
     にほんブログ村

スポンサーサイト
  •   09, 2017 07:37
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo