Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

湯坂路に

  24, 2017 07:16

脚の調子がだいぶ治ってきた友人と箱根の湯坂路を登ってきました。







この道は鎌倉時代に箱根越えの幹線道路だそうで、鎌倉古道とも

呼ばれています。


小田原から湯坂路入口までバスで40分あまり。







歩き始めは平坦な道。

梅雨の時期にこんなに晴れていいのかと思うくらいキレイな青空。


紫陽花が咲いているかと期待しましたが、立派な葉っぱはあるものの、

花の姿はまったく見られません。





鷹巣山、浅間山あたりまでは至極、快調な歩き。







羽根に黒い矢羽のような模様のある蝶々に出会ったり、ヘビを踏んづけ

そうになったり、ものすごく大きなヤマボウシの木を観つけたり。






でも、大平台分岐あたりからの下りは結構脚にきました。

ガイドブックには石畳とありましたが、どちらかというと、ただ石を置いて

あるだけ。

平らに切った石段ならいいのですが、角度が付いて置いてあるので、

登るのにはいいかもしれませんが、下りは滑って不向き。


それでも何とか湯坂城跡までたどり着きました。


ここからはもう箱根湯本の建物がちらちら見え、車の音も聞こえてきます。


登りはほとんどなく、下り中心のコースでしたが、鎌倉時代の人がどんな

様子でここを越えていったのか。

着物と草履ではさぞかし大変だったのでは。


そんなことを考えながら、また小田原行きのバスに揺られました。




 箱根の山は天下の険
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮ら<br />しへ
     にほんブログ村
スポンサーサイト
  •   24, 2017 07:16
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo