Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

神楽坂の月釜に

  04, 2017 07:37

知り合いの先生からお誘いを受け、神楽坂で開催の月釜に出席しました。

流派が違うので、ちょっと心配でしたが、先生から「お茶が好きならば気に

せずにいらっしゃい」とのお言葉をかけていただき、参加。


簡単ながら蹲もあり、手と口を清めて8名の相客と席入り。

お軸拝見、お釜拝見をして着席。

白い棗は白漆翡翠蒔絵、蓋置は白磁で涼し気。

茶杓は施主の作。

香合は最後まで迷ったと仰っていましたが、梅雨の時期にふさわしく傘。

お軸は「澗水湛如藍 柳生紹尚」。

お花は笹百合、甘草、河原撫子、小判草、白下、あとは忘れました・・・。

お干菓子はあやめと落とし文、洗足の太市製。


9名なので、お正客、次客様あたりまで点て、それ以降は陰出しだと

思っていたら、一人分点てるごとに半東さんが数茶碗ではない次の

新しい茶碗を持ち出してくれて。

皆さんの分を点ててる間、施主とお正客の間で今日のお道具立てや、

お菓子、さらに最近のニュースなどについて息の合った会話が飛び交い、

わからない部分もありつつ、でもお茶を囲みながらの和やかな雰囲気を

十二分に満喫しました。


おもてなしくださった方々にご挨拶して外に出てみればちょうどお昼。







先生とランチをご一緒しました。







お茶席での写真は残念ながらありませんが、こちらはランチをいただいた

ところのデザートのお薄とお干菓子。

お干菓子は松本開運堂製の真味糖、ほどよく柔らかくクルミがちょっと

洋風な感じ。


久しぶりにお茶に触れて、やっぱりいいなと思った1日でした。






  お茶っていいね
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
     にほんブログ村


スポンサーサイト
  •   04, 2017 07:37
  •  2

COMMENT 2

Sun
2017.06.04
17:54

sogno  

先月、今月(本日)と月釜へ行ったせいか、こちらの記事も
とても気になり、じっくり読ませて頂きました。
ところで、お道具類のお名前など、その場で暗記なさるのですか?
今日も沢山聞いてきたのですが、聞いたそばから忘れるもの
ですから。お軸とお花の種類だけは受付の女性に聞きました。

2017/06/04 (Sun) 17:54 | EDIT | REPLY |   
Sun
2017.06.04
19:17

スミレ  

To sognoさん

sognoさんも月釜に行かれているのですね!
習うのを止めてもうだいぶ経っていて、でも私の習った流派ではほんんど
一般向けの月釜をやっていないので、知り合いに誘われ、出かけました。

記憶しているのは、ごく一部です。
先生にだいぶお聞きしました。
でも、聞き忘れたのもあって(^^;
そんなところは、記憶にあるキーワードでインターネットを検索しました。
松本の真味糖はキーワードで、落とし文は写真検索です。

2017/06/04 (Sun) 19:17 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

boo