Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

トレーニング登山2

  18, 2017 07:57

3月末にトレーニング登山で御岳山、鍋割山に出かけましたが、

雪のためあえなく、リタイア。

そのリベンジとトレーニングを兼ねてまた御岳山に行ってきました。


もう2週間以上経っているので、さすがに雪はすっかり解けてくれています。







すみれが道端のここかしこに咲いていて、そのかわいらしさに歓声。







これもすみれの1種だそうです。







一見、なんでもない雑草に見えますが、野草に詳しい友人曰く

ハシリドコロという毒草だそうです。

食べると錯乱して走り回るからと、この名前とのことでした。







これは菊に似ているので、キクザキイチゲ






これは聞きそびれましたが、きれいだったので







ロックガーデンのビューポイント、綾広の滝。

滝に打たれ修行をする修験者の方(?)を見かけました。

ガーデンという名とはちょっと違ったイメージ







ロックガーデンなんて名前はいいですが、ゴロゴロとした

岩がここかしこにある登山道。





今日のコースは

ケーブル駅 → 奥の院 → 鍋割山 → 芥場峠 →

ロックガーデン(綾広の滝 → 天狗岩) → ケーブル駅

の予定でしたがちょっと間違えて綾広の滝から鍋割山を

往復して、4時間弱、かなりの距離を歩きました。


最後の500歩ほどは2万5千歩を超えるようエレベーターに

乗らずに歩いた成果です


大台ケ原に向け、あともう少しトレーニングです






  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村 応援ありがとうございます



スポンサーサイト
  •   18, 2017 07:57
  •  1

COMMENT 1

Wed
2017.04.19
07:08

大自然の法則  

「盲亀の浮木」
人とのつながりは盲亀浮木の如く。
大海に住む盲目の亀が百年にただ一度だけ海面に浮かんでくる時に、
たまたま穴の開いた流木が浮いて、その流木の穴に首入れるという仏教の寓話があります。
言わば、めぐり合うことは非常に難しいことの例えです。

このように考えてみると、
血のつながる家族となることは、盲亀浮木のような奇跡の確率です。
生まれてくることは、両親がいます。
両親のそれぞれの両親、4人。時間軸をさかのぼっていくと、 
10代を遡ったら自分と同じ血が流れている先祖は1024人。
20代前だと100万人!!

そのうちのただのひとりでも欠けたら、自分はいま存在していないです。
「命」を次につないできたから、現在の自分の「命」があります・・・
奇跡的なことのように思えます。
先祖に手を合わせて感謝の心は常に大切にしていきたいです。

2017/04/19 (Wed) 07:08 | REPLY |   

Post a comment

boo