Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

未来を花束にして

  20, 2017 07:59

Yokoさんが数日前のブログに書いていた映画、

サフラジェット、未来を花束にして、本当に偶然

札幌で上映されていたので、観に行きました。

何とも重い映画です。

イギリスでの女性参政権獲得を目指すサフラジェット。

イギリス連邦に属するニュージーランドやオーストラリア、

あるいはアメリカなどでは1900年以前に女性に参政権が

あったのに、イギリスでは1918年、第一次世界大戦終了を

待たなくてはならなかった。


運動を世界に知らしめるために過激な行動も厭わずというのは、

やはり容易に受け入れられるものではない。

でも女性を「気分屋で心の平静を欠く」と明らかに男性とは

同等ではない、別生物のように扱い政治に参加させない中での

行動としては、やむ得ないものもあるのか。


命をかけてまで同じ未来を得るための参政権運動に身を投じた

イギリスの女性だち。

21世紀になって女性はどれだけ平等の権利を手にしたかを考えると、

格段の違いといえるか。

たかが明治後半以降の慣行を日本の伝統と称して、同姓を敷いたり、

DNA検査すれば一目瞭然の結果が得られるのにいまだ男女で

再婚までの期間が、短くしても差があったり、目に見えない、

ガラスの天井を相手にもがいてる現状を垣間見ることしきり。


平等な社会のために、まだまだこれからも未来のために花束を

渡していかなければならい、そのためには行動を起こす必要がある

ことを感じさせられました。


久しぶりにシアターキノに行きましたが、津端夫妻の「人生フルーツ」、

ターシャ・チューダーの「静かな水の物語」や、

ヨーヨー・マーと旅するシルクロード」、変わったところでは

アラビアの女王」など観たい映画がいっぱい。


札幌ではミニシアター系はここを押さえておけば、かなり

カバーできるので、楽というか、便利です。





ラズベリーソースの乗った、チョコレートケーキ。

小樽からのおみやげです。




にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村 応援ありがとうございます


スポンサーサイト
  •   20, 2017 07:59
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo