Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

つるつる予報

  09, 2017 07:17

しつこく札幌の話ですが、つるつる予報って聞いたことありますか?





大きな道ではこんな感じで、車道は雪が解けていますが、

歩道は踏みしめられた雪。

そして歩道と車道の間にしっかり山ができています。

それでもここは排雪車が入っているようで、車道、歩道とも確保

されている(ようです)。





狭い道だと車道、歩道の別がなくなり、特に札幌のように

昼間は0℃前後まで気温が上がり、夕方またマイナスになる

大雪地方では雪が解けて、また凍ってで、とても滑りやすくなり、時には

スケートリンクのような道になることも。

もっと北部の、最高気温がマイナスで真冬日の続く地域でも滑ることはあっても、

札幌ほどひどくない。


前置きが長くなりましたが、「つるつる予報」がTVで道内のローカルの天気予報のとき、

予報が放送されているのに、ビックリ。

レベルが3段階で、1:あまり滑らない、2:滑りやすい、3:非常に滑りやすいで、

各地がどうなるかを予報しています。


これで老人の冬の外出が減ったり、滑らないようにゆっくり歩くため信号が

赤に変わっても渡り切れなかったり、ひどいときは両手をついて四つん這いに

なり渡った方もいたとニュースにもなりました。

また転んで打ちどころが悪くて、寝たきりになるケースも。


この予報、私が札幌にいた3年前にはありませんでした。

あくまでも目安ですが、でも外出時につるつる度が分かれば、心構えが

できていいですね。


ちなみに私の滞在時は「レベル2:滑りやすい」でしたが、滑り止めの付いた靴では

問題なく歩け、危険を感じませんでした。

でも8日には「レベル3:非常に滑りやすい」になったそう、危うくセーフです。


この時期北海道に行かれる方は滑り止めの付いた靴を履き、つるつる予報を

確認してしっかり準備して行ってくださいませ。


長々とお付き合いありがとうございました



  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ
にほんブログ村 応援ありがとうございます


スポンサーサイト
  •   09, 2017 07:17
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo