Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

同じ悩み・・・

  11, 2016 07:37

翻訳の仕事をしよう勉強を始めてから参考にさせてもらっている

aoさんのサイト

印象的に私より長めの、まとまったお仕事をされていると思って

いましたが、昨日のエントリー「訳しても、訳しても」を読んで、実務翻訳

というのは「やっぱりそうなののよね」と強く納得。


    


私もスタートした初めの頃は「なんでこんなに細切れなのか」

と思うような依頼がほとんど。

マニュアル等の改訂だと、数万ワードの中の10%程度の訳の依頼。

提出期限は元のワード数ではなく、実際に訳するワード数で決められますが、

用語の統一や言葉遣いの全体の整合性を考えて全体を見るのは必須。

ツールを使っているので、もちろん用語などは自動的に候補が出てきますが、

必ずしも同じ訳語でなかったり、複数訳が混在してたり。


時間を守るのが求められる能力のひとつとはわかっていても、一晩寝て

再度確認したいと思っていても、期限が来てしまったりと。


aoさんが書いているように、「いつもいつも納得のいく仕事ができるわけじゃない。」

のはわかっているつもりですが、私も「少しでも納得して納品できる仕事がふえるよう、

頑張っていきたいな」、という気持ちを持ち続けたいと思っています。




スポンサーサイト
  •   11, 2016 07:37
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo