Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

がらくた市と湯豆腐と

  06, 2016 07:37

日曜日は以前同じ組織で働いていて、現在は京都にある

研究所に勤めている友人とともにがらくた市に。


興味あるか、かなり不安だったのですが、実はものすごく

骨董というか、がらくたというか、古いもの好き。







京都に来て数年経つけれど、忙しさからがらくた市は初めてとのこと。

そんなので、私以上に夢中になり、コレクションしているニッキー

(ビクターのワンコ)の瀬戸物やコンサートで使うおしゃれなオペラグラスをget。


物欲が満たされたら、次は食欲。

この時期の京都は混んでいるとのことで、リクエストした湯豆腐の

ステキなお店を予約しておいてくれました。





カウンター席で鴨川を眺めながらのお昼のコース。

先付け。





お豆腐のお刺身風?





豆乳の茶碗蒸し。





そしてお待ちかねの湯豆腐。

お豆腐は木綿に近い感じ。





豆腐の田楽。





豆腐の揚げ物。





そして栗の炊き込みご飯に赤だし、漬物。





〆めは甘めの安南芋のアイスクリーム。


湯豆腐はそれほどお腹にもたれないからとを選びましたが、

少しづつだけど、多彩に調理されたお豆腐料理に満腹満足です。





お店を出た後は近くの瑞泉寺に。

切腹した豊臣英次公や家族、家臣数10名の菩提寺。

友人に倣いお線香をあげてきました。





五輪の塔の傍の紅葉がひときわ紅く、きれいでした。



午後はフラフラと川べりを歩き、街並みを眺めながら吉田山の麓まで行き、

近所の美味しい千枚漬けをお土産にいただいて、ノエルの待つ東京に戻りました。



それぞれ職場を離れて15年(?)、4年あまり。

部署は違いましたが共同で仕事をすることもあり、共通する友人も多く、

話題に事欠かず、思った以上に楽しいひと時でした。


次回上京したときは、私が美味しいところを探して、ごちそうします



スポンサーサイト
  •   06, 2016 07:37
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo