Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

今年はオペラ年

  02, 2016 07:37

今年の1月に生オペラ初デビューしたと思ったら、

あれよあれよと観に(聴きに)いって、これで4回目。

間2回の記録がなぜかありませんが、「フィガロの結婚」と

「さまよえるオランダ人」を聴きました。





これは北とぴあ国際音楽祭の一環として開催。


これまでの3回のオペラではオーケストラピットがあり、演出、舞台装置も

ほぼ時代に合わせたものでしたが、今回はオーケストラは舞台後方、

その前方でオペラとなり、非常に簡素。


出演者の衣装も現代風で、ドン・ジョバンニは別として、エラヴィータはキャリアウーマン風、

マゼットとツェルリーナはカントリー風デニム、ドンナ・アンナはちょっと田舎っぽいお嬢風。

その婚約者のオッターヴィオに至っては、サラリーマン風スーツ。


ドン・ジョバンニほか、ベッティーニのバリトン、よかったです。

それにも、ましてエラヴィータの愛に苦しむ気持ちを謳ったアリア、

力強く心に響きました。






夕方雨の予報だったので、雨に強い紬の絣の袷に、

紫根の半幅帯というかなりカジュアルなコーデで

行きました。

着物姿を見かけなかったのが、残念・・・。



スポンサーサイト
  •   02, 2016 07:37
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo