Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

仮名手本忠臣蔵第二部に

  23, 2016 07:09

仮名手本忠臣蔵第二部を観に行ってきました。

今回は浄瑠璃、五段目、六段目、七段目で、主君亡き後の家臣たちのその後。

おかる、勘平の相手を想いながらも意のままにならない恋の行方。

祇園で遊び呆けていると見せかけつつ討入りについて思案する大星由良之助。

吉右衛門さん、その男くさくない、男男しないいころが、私にとっては魅力的なのですが、

たまたま双眼鏡を覗いたら一瞬見せた人を惑わすような目つき、きゃ~~

ほ~~っと大きなため息をついてしまい、友人に笑われました。


それにしても3階席暑過ぎで、狭過ぎ。

50周年記念は喜ばしいことですが、あの席の狭さはなんとかしてほしい。

女性の私でも(160cm)休憩はあるものの、5時間超を座っているのは苦痛で、

エコノミー症候群が気になりました。





写真は大星黒衣之助君、50周年のゆるキャラです。






着ていったきものは青の紬の万筋に米沢の名古屋帯。

柔らかものは着崩れしそうで、どうしても敬遠してしまいます。




スポンサーサイト
  •   23, 2016 07:09
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo