Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

ようやく届いた

  21, 2016 07:54

天気予報で言っていたほど晴れなかったけれど、でもともかく太陽が

顔を出した


予約していた雑誌が貸出可能になったとのメールが来たので、

久しぶりに隣接する市の図書館に。


何ともう1冊、予約して半年以上経つ小説も届いていて、ラッキー





帰り道の電車で、早速「暮しの手帖」を読み出したのはいいのですが、

これは借りたい号のじゃない 


この号を読んで、高山なおみさんの「さようなら東京」を読んで

続編の「こんにちは神戸編」を読みたかったのですが・・・。


「暮しの手帖」のエッセーやお料理のレシピは何度読んでも

楽しいので、良しとしましょう。


「マチネの終わりに」は各所で評判がいいので予約しましたが、

この作家さんは初めて。


さてさて好きになるか、投げ出すか、今夜からしばらく睡眠の友です。、


スポンサーサイト
  •   21, 2016 07:54
  •  2

COMMENT 2

Tue
2016.11.22
16:53

sogno  

No title

高山なおみさんのエッセイ、私も大好きです。
読んでいると心が潤ってくるのを感じます。

2016/11/22 (Tue) 16:53 | EDIT | REPLY |   
Wed
2016.11.23
12:27

スミレ  

No title

sognoさんも好きな料理家さんですよね!
お料理の本ばかりではなく、旅行記もステキです!!

2016/11/23 (Wed) 12:27 | REPLY |   

Post a comment

boo