Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

須賀敦子選集を持って、等々力に その1

  11, 2016 17:58

こちらに移る前からネットで見ていていいな~と

思っていた等々力にある家具と雑貨の巣巣


昨日からラトビア展を開催とのことで、ようやく

重い腰をあげて、出かけてみました。


ちょっとした乗り換えはあるものの、小さな駅。

我が家からはひたすら電車に乗り続けて1時間あまり。

東急大井線ってまだ高架になってなくて、以前住んでいた

某私鉄沿線に似た雰囲気。


10分ばかり歩いてというか、登って行ってお店に。


こちらは坂が多いのかな。






お店はうっかりすると見逃してしまいそうな、さりげなさ。

中はラトビアのかご、手編みのミトンやマフラー、それにHPで

見慣れた(?)木の家具類や雑貨類で、もう目が状態





さりげなく上質で、そのまま私の家に置いても、

ずっと前からあったように馴染んでしまえそうな品々。

たぶん感覚的に私の好きの感覚を刺激するものがいっぱい。


ゆっくり見て回って、懸案の木彫りのジャムスプーン(バターナイフ?)

のところで、しばし時間をかけて選んで。


形も木の種類もいろいろあって、悩みましたが、こちらを購入。

木肌の濃淡がとってもステキ。アプリコットの木だそうです。

アプリコットのスプーンで、アプリコットジャムなんていうのも、ステキ。

あっ、梅ジャムはこの間道の駅で買ったものです。


帰り道は行きとはべつの道を歩いてきたら、玉川神社に。





ついつい狛犬の顔を眺め、ノエルと似ていないかチェック。





お参りをした後、等々力渓谷に。

じつは駅を降りたときそれまでずっと一緒だったカップルが、

等々力渓谷・・・と言っていたので初めて気付いて、寄ることに。


これはまた明日・・・。


スポンサーサイト
  •   11, 2016 17:58
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo