Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

香山展へ

  13, 2016 22:28

サントリー美術館で開催中の宮川香山展に。


宮川香山も初めてなら、高浮彫の作品も初めて。

江戸末期から明治の陶芸家で、その作品の多くが

輸出されたとのこと。




陶器に絵や文様を厚く浮き上がらせたり、

浮き沈めるというか、内部で表現したり。





色遣い、浮き上がってくるリアルで躍動感溢れる

花々や動物にただただ驚き。


それが時代の流れの中で、また磁器に淡く柔らかい

色調の、同一人物の作とは思えない花器を作ったり。


何の予備知識もなく出かけ、圧倒され続けました。





仕事明けで億劫でしたが、美術館にはきものでと、

定番の紬に五倍子で染めた名古屋帯で出かけました。


やっぱり、しわが目立ちます・・・。

スポンサーサイト
  •   13, 2016 22:28
  •  2

COMMENT 2

Tue
2016.03.15
19:58

sogno  

No title

ご多忙だったのですね。
そんな中でもお着物、格別でしょうね。
着物着るような余裕の無いときでも、箪笥を開けて
そっと眺めるだけでも癒されるときがありますもの~
香山、いいですね!!

2016/03/15 (Tue) 19:58 | EDIT | REPLY |   
Tue
2016.03.15
21:45

スミレ  

No title

きもの、やっぱりいいですね!
戻って来てすぐの美術館なので、どうしようと迷いましたが、
箪笥を開けたら気持ちがス~っと切り替わりました。

香山、想像を絶する作品の数々でした。

2016/03/15 (Tue) 21:45 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

boo