Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

紙の本もいいね

  27, 2016 13:15

「Agatha Raisin and the perfect paragon」を読み終わったので、

次なる本をだうしようか考え、今度はKindle版にしてみました。


  


確かにKindle版だと利点として

・読みたい時ダウンロードして、即読むことができる

・持ち運びが便利(iPhoneだけ)、コンパクト

・辞書と連動しているので、分からない単語を引きやす

・比較的安い

一方欠点は

・面白くて故、人に貸すことができない

・安いとはいっても、本の80%くらいはする

・電車の中では読みにくい、ときに優先席近くでは

・そして何と言っても紙をめくって読む醍醐味がない


いままでKindleで読んだのは比較的

短いもので、それほど感じなかったのに、

ここにきて300ページほどの本を買って

みましたが、やっぱり物足りなさが。

本の持つ醍醐味と言うか、次のページを

次の章をめくってみたいワクワク感がね。

表紙を見て内容を創造する愉しさも半減。


紙の本のよさを実感です。

今後はどうするか、様子見です。


スポンサーサイト
  •   27, 2016 13:15
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo