Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

利休を超えた織部とは―?

  07, 2015 09:17

なんとも挑戦的なテーマ。


織部好きの友人に誘われて湯島天満宮の宝物殿
で開催の織部展へ。

織部没後400年ということで、展覧会が多いよう。

1月にも見に行った記憶が


宝物殿なら会場が小さくて、それほど展示品がないかなと

思っていたら・・・。

確かに展示室は一室ですが、織部焼を含む桃山時代の

焼き物や、消息などがあり、今まで見てきた展示品とは

かなり感じが違う。


茶碗、向付などはこれまでも見ていたものの、今回は現代的センス

溢れるデザインや絵柄のものもあり、また花入や水指、そして茶入など、

今まであまり見ていなかったものが多く展示されていました。


茶会で使用した道具がまとめてあるコーナーは織部好一色。


お茶会でお道具を拝見させていただいた感じ。


へうげもののセンスを満喫してきました。




スポンサーサイト
  •   07, 2015 09:17
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo