Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

順調に金継素材(?)がたまったので

  30, 2015 10:07

歳のせいか、ついついものを落す機会が多くなって。

粉々になったのは潔く廃棄しましたが、パリンと気持ちよく

ふたつに割れた小皿、

これを金継してみることにしました。


といっても漆をかけて金あるいは銀でコーティングするのは

ひとりではかなり大変(というか、不可能)なので、





まずはエポキシ接着剤で接合してみました。





ただ今回は細かな割れの部分が双方の小皿にあります。

この染付けは縁のところと





裏側の台のところが欠けていて、触ると皮膚に当たります。





緑のケーキ皿もやはり縁が欠けています。

これらふたつはさらにエポキシパテで欠けた

部分を補充しないと、実用にはなりません。





一方100均で買った苔玉入れ。





これは縁の一部が割れて、接合しました。


ただ幸いなことに接着部分を触っても接着剤がうまく

割れ目に入ってくれているので、これ以上の作業はなし。


エポキシパテで割れた部分を補充しつつ、ナイフとアルコールで

表面を滑らかにする地道な作業が続きます。


そしてそののちにいよいよ漆ですが、そこはどうするか!?

出来栄えをみてから、決めることにします

スポンサーサイト
  •   30, 2015 10:07
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo