Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

久しぶりにお茶会に

  07, 2015 09:17

以前東京の会社にいたとき、時折仕事をご一緒した知人から

お茶会に誘われました。

彼女は仕事をしつつお茶の練習に励み、お道具も準備して

ついにお茶の先生にトラバーユ。

私とは流派が違いますが、折に触れ声をかけて下さいます。


今日はその社中の方々が一堂に会してのお茶会。

会場は某区民センターのお茶室。

待合があり、蹲がありの本格的造り。





蹲で手を清め、席入りをするのは本当に久しぶり。


濃茶、そして続きお薄と社中の方が亭主をされ、

席主の宗〇先生がその間、亭主の方の指導をしつつ、

いろいろお話をしてくださいました。


もう数回参加させていただいていますが、

いまだにお裏さんのお作法が頭に入っていないため、

お菓子を取るのは声がかかってから思い込みずっと待っていたり

(私の流派では席主、半東が声をかける)、「お仕舞ください」の

声掛けを忘れたり(亭主が自ら言う)、正客の役割を十分果たせずです。

未熟な正客となってしまい、恥ずかしい限り。





申しわけないと思いつつ、でもやはりお茶室に入ると

気持ちがしゃんとし、お点前を拝見しつつ、自らも頭の中で

お茶を点てて、復習をして


紫陽花をイメージした季節感溢れる主菓子、そしてアヤメのお煎餅。


宗〇先生、貴重なひと時をありがとうございました





当初雨の予報が出ていたので、紬の単で出かけました。

スポンサーサイト
  •   07, 2015 09:17
  •  2

COMMENT 2

Wed
2015.06.10
17:38

sogno  

No title

お茶の話は心地よいです。
分からないけど心地よい・・・

そして御髪が美しいなあ、っていつも思います。

2015/06/10 (Wed) 17:38 | EDIT | REPLY |   
Thu
2015.06.11
11:58

スミレ  

No title

お茶って流派によって違うし、同じ流派でも口伝が多かったり、
先生が習った時期により、微妙に違うことも。(^^;

髪の毛、遠くから見るとそれなりですが、近くでは
すごいことになっています。(≧▽≦)

2015/06/11 (Thu) 11:58 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

boo