Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

アガサ中毒

  24, 2015 09:17

アガサレーズンシリーズ、読みだしたら、止まりません。





右端の「Wellspring of death」を読了。

今回はアガサの住むコッツウォルズのとある町の

水源を巡っての事件。


相変わらずジェームズとはすれ違い、

ビルとの友情はビルのお母さん、恋人の出現で足踏み状態。

そして新しい若い男性の登場。


美人じゃなく、ガッチリした体型、クマのような(LINEのブラウニーを想像!)

小さなお目目。


そんな彼女のやきもき、打ちひしがれながら事件を解決していくのが、好き。


左2冊の順番を入れ間違えましたが、現在日本語で出ている最新作が、

一番左の「Murderous Marriage」、「アガサ・レーズンの結婚式」。

右2冊はいまだ未翻訳。





そして今朝、この「Wizard of fEvesham」をポチりました。


細かい心のひだを理解するには、訳本の方がいいと思うのですが、

多少分からない単語があっても、想像できる分かりやすさがいい


海外発注なので届くのは今月上旬。


今日から仕事が忙しくなりそうなので、

到着を楽しみにひたらすら仕事です


スポンサーサイト
  •   24, 2015 09:17
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo