FC2ブログ

生き物を撮る

2019年07月13日
カメラ 0

動いているノエルを写すのはほぼ無理。ヴィオラはモデル料とおやつを見せれば、すぐ動きを止めてくれたのでよかったのですが、ノエルの場合は120%警戒態勢でキョロキョロしているので、静止していることがほとんどない

撮影熱が上がる中、デジタルカレッジで「動物撮影レッスン」が開催ということで、参加してみました。ただし使用機器はおニューのLF1ではなく、PEN-Fです







会場となる動物パークに入る前に撮影上のアドバイスが説明がありましたが、意外と鳥って動きが少ないので、撮りやすい。

フクロウなどはじぃ~~と動かずにいるので〇、ただし光をどう取り入れるか、バックをどうボカすかが課題。







こちらも同じくです。本当はひよこを撮りたかったのですが、もう動きの激しいこと 止まったその一瞬を捉えられたいいのですが、いまだハードルが・・・。






環境保全のためか、動物ごとに光の具合が違って、設定を確認するのが、大変。

左側はアルマジロ、へそ天です。ワンニャンならまだしも、野生の動物が一番無防備な姿を晒すとは

イグアナの横目遣い、こちらを挑発しているように思えて、つい身構えてしまいました。







ひよこに劣らず難しかったのが、このシマリス。とにかくちょこまかと動いて、一か所になかなか留まってくれない 留まってくれても構図がうまく取れなくて・・・。

右の子のほっぺた。これでもかというくらいエサを口に銜えています。冬のための栄養補給本能??







ネコはどうかと言えば、留まっているものと動いているものの差が大きい。この2枚は動いていているところをずっと追いかけて、止まった瞬間。どちらもあどけない顔で、それなりに近づけて、撫でることもできるフレンドリーな感じ。

もう少しここで練習したかったのですが、タイムアウト。



tropical fish190713



熱帯魚は動きとともに光をどう取り入れるかも課題。右はひたすらこの1匹を追いかけて。左は中央の動きを追いかけ、周りにそれなりの熱帯魚がいる時にシャッターを切りました。



撮ることも楽しいけれど、動物な私、触って一緒に笑って、話をしたり(しているつもり)の2時間あまり。終われば、もうクタクタ。

帰りの電車はラッシュにもかかわらず座ることが出来、ひたすら楽しかった時間を反芻しつつ、夢の中でした








動物は難しい・・・・
  にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
人気ブログランキング             にほんブログ村

スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.