FC2ブログ

大辺路 食べたもの

2018年05月23日
食欲 0

何故長々と大辺路の記録を引き伸ばしているかといえば、食べたものを

記録しておきたいなと思って。


別段、とっても豪華なものを食べたわけではないのですが、また来年行く

時の、半分忘備録です。


よかったら、お付き合いください。


----------------------*

行動食というか、お昼は2回ともパン。

もちろん宿に頼めばおにぎりなどは作ってもらえますが、3食ともお米は、

さすがにきついので。

パンをあらかじめ買っておいてよかったです。







1日目は東京で買って行ったパンケーキのようなパン。

リンゴとクリームが入っていました。







2日目は周参見駅前にあるコンビニ(地元の何でも屋さん?)で買った

レモン味のパン。

これにこちらで書いた籠に入れてある、チーズやかまぼこ、それに果物などを。







大辺路を歩いている時、じつは1日目は誰にも会いませんでした。

2日目も林道を歩いている時に数人、自販機さえない。

人家の見えるところにやってきて、ようやくありました

紀伊らしい梅サイダーを。

疲れてたせいか、もっと酸味があってもOKな、ちょっと物足りない感じ。







夜のごはんです。

お刺身はイカ、マグロ、もうひとつはカツオ(?)、北海道ではほとんど見た

ことがありません。

中央のお魚も然り。







周参見ではイノブタが有名ですが、そのお鍋が。

脂身が多いようですが、畳んである反対側は赤身です

クセ、臭いもなく意外にさっぱりとしていました。







日本の正しい朝食、湯豆腐付き。

お魚の顔は、アジとイワシともうひとつは小魚でした。

納豆は個々に配るのではなく、中央のテーブルに置いてあり、お好きな

人はどうぞスタイル。


これだけ食べれば、元気満々、コーヒーがあればもう言うことなしですが、

それは多くを望み過ぎというものでしょう。

次回は、ドリップバッグコーヒーでも持って行きます







串本では一応リゾートホテルに泊まったので、和食のコースが。







シラスと梅が入ったごはん、







デザートの冷たい和菓子が美味しかったというのは、好みがひねくれて

いるせいでしょうか。

でも、ホント、印象に残りました







朝食はそれなりのコーヒーとパン、ヨーグルトも食べられたのですが、

タマゴ料理はスクランブルエッグだけ。

ボイルしたウィンナーはあっても、カリカリのベーコンがないと急にワガママな

ことを言ってしまいました。







串本から東京駅までは、紀勢本線、東海道新幹線を乗り継いで、6時間

超の長旅。

しかも、2/3を占めるくろしお号には車内販売がないので、串本のコンビニ

であらかじめ調達しました。


それがこのおにぎり。

だしまき玉子てどんなのかと興味津々。








座布団敷きのようなおにぎり、平べったい太巻き??

何ともコメントに困るご当地ものでした。





お土産に買った儀平のうすかわ饅頭。

さっぱりとした餡が美味しくて、もっと買って来ればよかったと、後悔・・・。



帰りの列車では、いえじつは周参見に向かう列車で来年はまた中辺路に

行くことを計画。


2013年から毎年のように熊野古道を歩いていますが、それは中辺路の一部、

小辺路の一部。


ようやく各ルートの触りだけで回ったので、次回は中辺路の小雲取越に。

距離は13kmほど、標高差450m、今回より厳しくなりますが、70歳になったら

さらにきつくなりそうなので、その前に行くことにしました。


1年間かけて体力維持、体力作りです










お付き合いありがとうございました
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 0

There are no comments yet.