FC2ブログ

お茶会に

2018年04月11日
お茶 2

お花見を兼ねたお茶会に参加しました。







難しいのは会場予約をするのが、3か月前で桜の予測が難しいこと。

今回はほぼ散った状態でのお茶会となりました。

それでも会場からはちらほらと八重桜のピンクが見えました。







お軸は「奔花香満衣」、大徳寺の小林太玄筆。


茶入は瀬戸面取肩衝で、お仕覆は糸屋金襴。

お濃茶は明の昔、お詰めは一保堂。

主菓子は鶴屋吉信の春麗。

 
薄茶器は加賀塗の雪吹 夜桜遠山蒔絵。

お薄は曙の白、お詰めは一保堂。

干菓子は鶴屋吉信の麩煎餅と、亀末広の京のよすが。


お濃茶はほどよい緊張感の中で一椀のお濃茶をいただきました。

お薄は入門されて間もない亭主の方が担当。

初々しく、真剣にお茶を点てている姿がとても清々しい感じ。

先生から適宜注意が飛び、それにつれて私も所作を今まで以上に注意深く

眺めさせてもらいましたが、肝心の違いが何に因るのか、またまた考えさせ

られました。







暑いのできものは大島、それに紫根染めの名古屋帯を合わせました。

今回半衿は両面テープで付けてみました。

きものは好きだけれど、半襟を付けるのが苦手な私にもそれなりにでも

付けられたので、少しこれを続けようと思います。






 久しぶりのお茶会、また習いたい気持ちがウズウズ。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしい暮らしへ
にほんブログ村


スポンサーサイト



スミレ(小紫)
Admin: スミレ(小紫)

山好き、犬好き、読書好きの理系女。時折産業翻訳をしつつ、ゆったりと人生のたそがれ時を過ごしたいと心がけています。

Comments 2

There are no comments yet.

amethyst  

春のお茶会

お茶会に参加されたんですね。

お茶席にお着物ででかけられるって本当に素敵ですよね。
大島は白大島でしょうか。それに紫紺染めの帯なんですね。
スミレさんの好みのコーデでしょう。(*^o^*)
半襟つけ、大変ですよね。両面テープで何とかなるなら
やってみたいです。(そのつけ方もコツがいりそうですね)
紬で参加でOKのお茶会ならいってみたいものです。
私はもう一門から離れてかなりたつので全くお呼びはないのですが
時々あのお茶室の感じが懐かしくなります。
年に一回でいいからお茶席にいけたらなあ、とは思います。

2018/04/13 (Fri) 17:23
スミレ(小紫)

スミレ  

To amethystさん

習っていたときのお茶会では色無地がmustでしたが、もう少しゆったりとした
気分で参加できてよかったです。
白大島、なかなか機会がなく着られずにいましたが、ようやくチャンスが巡ってきました。

両面テープでの襟付け、ユーチューブにコツがアップされていたので、それを見ながら
何とか付けました。
大変だったけれど、多分、コツを飲み込んだらこちらの方は楽そうですe-454

2018/04/13 (Fri) 22:49