Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Take a look at this

関西 最終日

  17, 2014 09:17

京都滞在最終日は合流した友人の希望でまず

京都国立博物館の平成館に。


この日の最後を除き、移動はすべて徒歩。

駅南のホテルを出て、七条まで上がり、

右折して博物館へ。

9時半前なのに、ものすごい行列で、4時間待ちとのアナウンス


が、それは本館での、「鳥獣戯画展」の方でした


券購入に少し時間はかかったものの、その後はスムーズに。

「京へのいざない」と題し、仏像、書画、漆器、焼き物、それに刀剣など、

京都に絡めての展示。


東博とどうしても比べ、常設博物館としては、ちょっと

物足りなくもあり、でもそれほど疲れることもなくいいのかも。


博物館を出ればすぐそばに秀吉の耳塚、六波羅密寺、

冥界との入口と言われる六道珍皇寺辺りを散策。


河井寛次郎記念館を捜しているうちにおばんざいのお店でランチ。






私的には全体として味が薄めでしたが、食べ終わると

満足感が。

体にはこの方がいいかな。






お腹が満たされたら、記念館のことは頭から吹っ飛んで、

建仁寺を巡って、祇園に。






白川の河岸も含め、今回は紅葉がまだ三分ほど。

新門前通、古門前通の骨董店をウィンドーショッピング兼衝動買い


さらに京阪三条まで上がって、さらに今日のお目当ての寺町通に。

お懐紙や一筆箋を買い、帯を見て、大吉さんで一服。






建仁寺で「在釜」との案内板を持った学生さんを見かけたのですが、

白ソックスも、お懐紙も持っていなかったので、残念ながら、パス。

ようやくここでいただきました。



ひと休みした後は御池駅に向け、あてどなく

仲通を徘徊。

風情のある街並みをに時折お店の名前らしきものが出ていても、

戸は閉まっているし何のお店か不明なところもあって、

興味が尽きない最終日でした。






スポンサーサイト
  •   17, 2014 09:17
  •  0

COMMENT 0

Post a comment

boo