Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Here's my archive page

archive: 2018年04月  1/4

GW初日に北加伊道を

GW初日、この期間をどうして過ごそうか考えつつ、日用品の買出しや図書館に行って本を返し、借り出して、何ということなく終わりました。この期間にやりたいことを思いつくままに書くと、・きものの衣替えというか、もう単を着ていますが、箪笥の中を袷から単に入替え・5月後半の仕事の準備。6万ワードほどの仕事が入ったので、その前準備・大辺路への準備・三井のミュージアムパスポートの更新と、松平不昧展に・作業の終わった紙...

  •  0
  •  -

パフェで乾杯

仕事のことなので詳しくは書けませんが、去年から10か月ほどずっと悩んできた事案が思いがけないことに、実質的に解決しました。先日久しぶりの打合せがあり、そこで解決したことが知らられました。その時は「ようやく解決したか」と意外と冷静に受け止めていたのですが、帰りの電車に乗っていたらじわりじわりとその実感が湧いてきて、このまま帰るなんてもったいない、何かお祝いしなくちゃと考えているうちに銀座に。アルコール...

  •  0
  •  -

目の錯覚ですが

外で写真を撮ろうとすると、ほぼアイコンタクトの取れないノエル。これなんか一応取れているように見えますが、目の錯覚というか、カメラが捉えた幸運な一瞬。まず、座らせると、あっちゃ向いてホイ。これ一瞬なのですが、顔を左右に動かすとき、真ん中でシャッターが切れました見ているようで見ていない。私がカメラを向けると、執拗に顔を逸らす。顔を写そうとこっちが移動すると、反対側にホイ。こちらも意地になってしまいます...

  •  0
  •  -

以前のとは違うけれど

以前というか、20代で山に登っていた頃に堅め麻を藍色に染め、ろうけつ染めで草花を描いた財布が仲間内で流行っていました。お花はエーデルワイスなどの山の花が多かった。多分手作りだった記憶が。お札を四つ折りにしてちょうどいいサイズ。日常使っているエトロの長財布はちょっと大き過ぎるし、何でも入れているのでパンパンになっていて、山や旅行に持ち歩くには不向き。大きいのを無理して持っていったり、時には小さな布袋に...

  •  0
  •  -

ミレニアム5 読了

4か月近く待ちに待って、ようやくミレニアム5 復讐の炎を吐く女 上巻、ミレニアム5 復讐の炎を吐く女 下巻、双方借り出しました。読み出したら止まらず、5日ほどで読了。ただこれまでに比べて、手の内をさらけ過ぎ、話はヒロインのリスベットを中心に回ってはいるものの、イスラム原理主義の犠牲となっているファリア、人間の環境および遺伝による影響の研究の犠牲となったレオとダンが謎の中心。もちろんこのふたりにリスベットが...

  •  0
  •  -

初夏らしいリース

各駅停車しか止まらない駅。周りにはスーパーとパチンコ屋はあるものの、小ジャレたカフェは見当たらない。そんな鄙びた感じのところに住んでいます。と、思っていたら、ジムに向かう途中で見つけた雑貨屋(兼カフェ)。機会をみつけて寄ってみたらエスニックなものや食器などに交じって飾られていたリース。生の紫陽花を乾燥して使った初夏らしい色合い。当初は玄関用と思って買いましたが、仕事部屋のドアに飾ったらドアのペール...

  •  0
  •  -

私の方が緊張??

ご先祖様が牧羊犬なので外では監視怠りないノエルですが、それでもこの頃はだいぶトーンダウン。車に対しても、ワンコに対しても、だいぶ落ち着いて対応するようにはなっています。ワンコ友達も徐々にですが増えているが、ニャンとは遭遇機会が少ないので、どうなっているか不安な面が。今回たまたま会ったのが、進行方向にデンと構えたニャンコ。道の真ん中、進行方向なので歩くのに邪魔なんですけど・・・と、見つめても、気にせ...

  •  0
  •  -

同期会に

先週のことですが、中高の関東同期会が上野公園の懐石料理店で開催されたので、出席しました。中高一貫の女子校で、あの当時かなりのお嬢様校。理系で山好きの私は当然ながら変な人と思われていて、かなりのアウトサイダー。卒業後も敷居が高く何となく同窓会、同期会から遠ざかっていました。でも、「自分で思うほど、ほかの人は気にしていないよ」と親しくしている友人に言われ、今回で2回目の出席。出席者は同期23名プラス名誉...

  •  0
  •  -

藤・藤、そして藤

この暖かさというか暑さで、長瀞でももう藤が終わりそうだったので、ちょっと出かけたついでに、亀戸天神の藤を撮りに寄り道しました。白と紫のコントラスト、ステキでした。ちょっと、ボカし過ぎですホームページでは満開となっていましたが、もう少し盛りを過ぎた感じです。でも、ものすごい人出。太鼓橋は動くこともできないほどの混みよう。社殿の前にはお正月と見まがうほどのお参りする人の長い行列。みんな春を、藤を満喫し...

  •  0
  •  -

ヤマボウシとハナミズキ

長瀞アルプスでのこと。「わぁ~、ヤマボウシがきれいだね」と言ったら、動植物に詳しい友人が、「いえ、あれはハナミズキ。よく似ているけれど、花の形が少し違う」とのこと帰って調べてみたら、確かに花弁の形が違っています。と言うことは、4月12日にヤマボウシだと思って書いた記述が間違っているこちらはハナミズキ・・・・。北海道とハナミズキでググったら、北海道は寒くてハナミズキはなかなか育たないとのこと。沈丁花や...

  •  0
  •  -
boo