Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Here's my archive page

archive: 2016年05月  1/2

メガネチェーンを試してみます・・・

メガネがないと捜しまわるのは、日常茶飯事。それでも、これまでは比較的(?)人様に迷惑をかけないできましたが・・・。この1週間で、2回も周囲に迷惑をかけてしまいました1度目は札幌のカフェで外し、窓枠に置いたままお店を出て、地下鉄まで来て、ようやく気付いて大慌てでお店に戻りました。すでに閉店して暗くなっていたのですが、まだ奥にスタッフが残っていて辛うじて、セーフそして今日。仕事先で細かい画面を見るのに外...

  •  2
  •  -

伊勢路 番外編 おみやげは

もう若くないので、予定を詰め過ぎると、しているときはともかく、その後にドドッ~と疲れが久し振りに眩暈がしたり(眩暈症持ちです)で反省です。伊勢路の〆はこの八咫烏のお守り。黒のはほかの神社にあっても、赤、スカイブルー、ロイヤルブルー、そしてこのピンクは速玉神社にしかないとか。友人が全色買ったので、私も釣られて、購入。それとノエルにペットのお守り。いくついただいたり、買ったことかでもいつの間にか齧った...

  •  0
  •  -

伊勢路 八鬼山

馬越峠の次は、西国一の難所と言われた八鬼山越え。ホテルの車で登山口まで送ってもらい、いざ出発。本来の登山口は工事中で、こんなところからスタート。相変わらず石畳が続きます。ただ最初の辺りはそれほど急ではなく、淡々と登って行きます。小辺路では観音様が道標となっていましたが、こちらではお地蔵様がところどころに。世界遺産になってから新たに設置したのか、標識は新しい感じ。道の感じは初夏のせいか、ひたすら明る...

  •  0
  •  -

芝桜

お墓参りの後、ちょっと足を延ばして洞爺湖経由、倶知安、メープル街道を通って、札幌に戻りました。洞爺湖では円山以来のお付合いのコハムへ。美味しいケーキとコーヒーで一服。ゆったり過ごすため、写真撮影は不可‥‥。洞爺ではいまだ八重桜が咲いてました。札幌より1週間遅いとのこと。そして今回初めて訪れたのは、倶知安の芝桜。個人のお宅のお庭です。色鮮やかな芝桜、甘い優しい香り。以前は家の庭にも少し植えてましたが、...

  •  2
  •  -

リラ冷えの街に

伊勢路の余韻も覚めぬまにと言うか、ブログも書かぬまにリラ冷えの札幌に法事出席のため飛んで来ました。ほんの数日前までは、真夏の暑さだったそうですが、今は長袖でも震えています。久しぶりに訪れた大学構内。ライラックの香りがほのかに漂っています。そう言えば、今週はライラックまつりです。...

  •  0
  •  -

伊勢路 番外編 ところ変われば

根が小心で、「今日できるなら、明日やることは、今日やろう」がモットー(?)の私め。写真の整理もそこそこにお仕事モード。急いだってそんなに早く終わらないのですが・・・。で、ちょっと短めのアップ。新宮の速玉神社そばの和菓子屋さんで買った、柏餅。JRの中で試食。葉を剥くと何とも言えないよい香りが。じつはこの葉っぱ、柏ではありません。こちらのは山帰来という木の葉っぱ。中部地方ではこの葉を使うことが多いそうで...

  •  0
  •  -

伊勢路 馬越せ峠

熊野古道で一番石畳道が残っている馬越峠。伊勢路を歩くときはぜひここをと願ったのが、ようやく実現です。東京を朝一番で立ち、名古屋で紀勢本線に乗り換え、尾鷲に着いたのは10時45分。宅s-を奮発して鷲毛登山口に辿り着いたのが、11時過ぎ。いよいよ出発です。道は写真で見ていたようなというか、想像していた石畳。石畳が途切れることなく、続きます。これまでの中辺路、小辺路を歩いたのが、晩秋だったのに比べ、伊勢路は初夏...

  •  0
  •  -

無事戻って来ました

熊野古道伊勢路から無事戻ってきました。本当は即記録をアップしたいのですが、お遍路中も仕事の連絡が入ったりで、バタバタしています。もう少し時間がかりそう。あまり期待せず、お待ちいただければ。紀勢本線の最前列の車両の最前列の席に座りました。山と海の風景を交互に楽しめました。...

  •  0
  •  -

いざ出発‼️

晴れオンナです...

  •  0
  •  -

今読んでいる本

今読んでいる本。「闇夜の国から二人で舟を出す」、手に取った途端、引き込まれました。この作家はずっと前から知ってはいたものの、感覚的に近づきがたくて、その小説はほとんど読んだことがなかったのですが、エッセーを手に取ってみてガツン切れ味のいいきっぱりとした筆致に魅せられました。お料理の本も私にはお手上げのレシピかた思いきや、結構作れそう偏見をなくして、いろいろ読める今が愉しいです。...

  •  0
  •  -
boo