Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Here's my archive page

archive: 2016年04月  1/3

補正をしっかり

sognoさんのお着物姿に触発されて、私もしっかり補正を入れて、着付けしてみました。寸胴になるようにくノ一麻子を着てみました。これ、結構すぐれもの、かなりすっきりです。あと気を付けたのが、帯揚げ。きちんと帯揚げを畳んだら、小さい着付けクリップでしっかり帯に固定。それからおもむろに結んだら、少しはまともにきれいに結べましたこの絣のきもの、実は私が最初に買ったものです。とあるきものチェーン店に引っ張られて...

  •  2
  •  -

かなり仕事モードです

No image

GWに入りましたが、自営業というか、フリーの身には依頼があれば仕事。お休みはほぼ関係なし。翻訳の場合、ファイルを受けてから長くても2~3日で提出。たまに長くて1週間なんていうのもある一方、当日依頼の当日提出も結構あり。そんなことで仕事の線表は定年以来作っていなかったのですが、ここに来て長時間かかる仕事を個人的に依頼されました。そもそも原本がマイクロフィッシュから起こしたPDF。ワード数も定かではないのです...

  •  0
  •  -

定番を外そうと

ケーキを食べるのなら、モンブラン。栗の季節じゃなくてもモンブラン。最近いろんなものの定番というか、当たり前を外そうとする試みを実施中お誕生日ケーキを買いに出かけ、目についたのが、これ。今までなら絶対に選ばないような、フルーツパンケーキ。季節だし、この時期はイチゴのショートケーキよね~と思っていたのですが、こんな地味目に目が吸い寄せられました。意外に美味しかったでも、でも二つ目は」やっぱり究極の定番...

  •  0
  •  -

学生以来の登山ナイフ

山でナイフや栓抜きが必要になったとき、何気にほしいな~と呟いたら、お誕生日プレゼント、届きましたビクトリノックスのマウンテニア。物理的ツールとして16種、機能的には33種もあります。学生時代には取っ手が木でできていてスプーンやフォーク付きのゴッツいのを持っていました。5徳ナイフって確か読んでいた記憶がありますが、こちらのよりもっとゴッツクて、それを革のケースに入れ、ベルトに付けて持ち歩いていました。そ...

  •  2
  •  -

札幌の桜が開花!

札幌の桜が開花とのNHKのニュース平年より8日早いとのこと。私の誕生日前に咲いたとはあまり聞いたことがありません。満開はGWの3、4日頃。円山公園はジンパの煙と匂いでものすごいかな。我が家でも、開花をお祝いしてジンパをしなくてはそれにしても安くて美味しいマトン、なかなか見つからないですね。こちらにもいまだ掲載なし。交通会館に行けば、味付きのは買えるけど、もっと安くていっぱい買えるお店がないかな。学生時代は...

  •  0
  •  -

早くも衣替え、捨てられない生活

日に日に暑くなってきているので、仕事が一段落したところで、日々着ているTシャツ、ブラウス関係のプチ衣替え。大きな茶箱に保管してある七分、半袖を取り出し、カゴの中にある厚手のものを茶箱に仕舞う。春夏ものを引っ張り出してみれば、これでもかというくらい、ボーダー、ボーダー。数えてみたら、パープル系6枚、ブルー系3枚、そしてグリーン系が1枚。あとは白。こんなにボーダー好きだったかな~と改めて自覚。しかも半数近...

  •  0
  •  -

ネコも好きになってきた

買い出しの途中に見つけたニャンコ。近づいて行ったら逃げるかと思えば、きれいにオスワリして、逆にこちらを観察以前はネコに興味がなかったし、近づくとすぐに逃げられたけど、この頃は興味津々。それが分かっているのかな??4月なのに、初夏の暖かさ(暑さ)を感じさせます。...

  •  0
  •  -

校閲という仕事

翻訳のほかに翻訳のチェックもしています。以前の職場で専門誌の編集もやっていたので、どうですかと依頼があり、時折受けている。単価で考えると、割に合わない仕事ですが、ほかの訳者さんが訳したものを見て、私ならどう訳すかと考えるのも、結構楽しい。でも、これは校閲では邪道なんだそうです・・・。表紙のハデさにちょっと引きましたが、タイトルを見てやっぱり借りたこの本。女性ファッション雑誌の編集をやりたくてようや...

  •  2
  •  -

クレマチス

札幌ではまだ雪が降ることもあるのに、クレマチスを咲いているのを見つけました。...

  •  0
  •  -

落ち着かない日々

昼夜問わずの余震、本震にみまわれている熊本、大分、九州の皆さまのことが、ただただ心配です。不自由で気の休まらない日々が少しでも早く終わって、穏やかな日常の戻って来ることを心から願っています。在熊の大学時代からの友人が心配で、でも回旋に負荷をかけるのを躊躇って、c-mailのみで安否を確認していましたが、声をかけたくて、思い切って電話をしてみました。室内がメチャクチャで、余震のため、いくら片付けてもまたも...

  •  0
  •  -
boo