Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

Here's my archive page

archive: 2015年06月  1/3

順調に金継素材(?)がたまったので

歳のせいか、ついついものを落す機会が多くなって。粉々になったのは潔く廃棄しましたが、パリンと気持ちよくふたつに割れた小皿、これを金継してみることにしました。といっても漆をかけて金あるいは銀でコーティングするのはひとりではかなり大変(というか、不可能)なので、まずはエポキシ接着剤で接合してみました。ただ今回は細かな割れの部分が双方の小皿にあります。この染付けは縁のところと裏側の台のところが欠けていて...

  •  0
  •  -

12冊目のアガサ

ようやく届きました。「Agatha Raisin and the day the floods came」、12冊目です これで邦訳3冊、英語版9冊目です。ネタバレですが、11冊目の「Agatha Raisin and the love from hell」の読後感想。あしからずです「Agatha Raisin and the fairies of Fryham」の最後の最後でめでたく意中のジェームズと結婚したアガサですが、早くもジェームズの浮気(?)、まぁ、ジェームズの性格を見ていれば、アガサとは合わないことははっ...

  •  0
  •  -

模様替え その2

机だけでなく、本や資料、それに電話(子機)の移動も終わり、仕事環境はやっと落ち着きました。一番頭を悩ませたのが、資料の移動 本棚が古いのはいいのですが、こんな形で各段の高さが固定されている。こうなると自ずと収容できる本のサイズ(高さ)に制限が最上段は21cm、2段目は25cmと高さが微妙に違い、2段目には収まるけれど、最上段に入らない本がちらぼら(2段目の背の高い本は不可)。さらに問題はA4の資料類。最下段は...

  •  0
  •  -

着物おしゃれ相談室に

札幌時代お世話になったoteshuoさんが、駒形で「oteshio展」、「着物おしゃれ相談室 3」を開催されるとのご案内。急ぎ今日提出分を納品して会場に。店主の上野さんが「日本のおしゃれ(七十二候)」で書かれているように、衣替えの時期は今の北海道に合っていて、東京とは1か月以上ズレていて、マッチしない感じ。それで袷用に仕立ててある長襦袢の1枚を単用に転用できないか、ついでに、裄を少し短めにできないかも相談。きもの...

  •  0
  •  -

縁側カフェ

たまたま通りかかっていいな~と思って入った日本家屋のカフェ。その名も昭和の家 縁側カフェだそうです。メニューは各種ドリンクとケーキやあんみつなどのスィーツ。季節のフルーツタルトとオリジナルブレンドの紅茶をいただきました。ほのかに酸っぱくて、優しい感じです。玄関で靴を脱いであがります。広い縁側スペースにゆったりと古い応接セットが。縁側からは広いお庭が望めて、個人のお宅にうかがってお茶をしているみたい...

  •  0
  •  -

模様替え

マンションのサイズ自体はそれほど小さくありませんが、3LDKに区切った小部屋は使いづらい。エアコンは前の方が残していかれたのを活用。が、残念なことに仕事部屋にしている5畳ほどの洋室には付いていない。ウン10年前は東京でもなんとか扇風機だけで過ごせたけど、この数年の暑さは耐え難く・・・。本格的に暑くなる前にエアコンのある大き目の洋室を模様替え。左側にちょっと見える本棚を少し後ろに移動し、窓に向かって机を配...

  •  2
  •  -

両河内の抹茶

現在静岡でアンティ-クのお店ウェンズデーを運営しているYOKOさんとは、札幌時代からのお付合い。昨年9月にお店をオープンしたのでお花をお送りしましたが、そのときのお礼と私の大好きなお抹茶を送って下さいました。期間限定発売の両河内の抹茶、「白拍子」です。両河内産の茶葉を100%使用した清水・両河内唯一の抹茶だそうです。雅な包装で、気持ちが高まります。中に入っていた説明書きもステキ。早速一服点ててみました。色...

  •  0
  •  -

本の虫

No image

本の虫という表現はオルコットの「八人のいとこ」を読んで。「虫のマック」が大好きでした。とにかく乱読です。目についた本を片っ端から買って、借りて読んでいます。今は「Agatha Raisin and the love from hell」、「黒い迷宮」、「百日紅(下)」、「夫婦年生」を併読中。アガサがもうエピローグに入ったので、切らしてはいけないと次のシリーズを検索して調べたとき、「Red Rock Bookworm Bookworm」さんからのコメントが載っ...

  •  0
  •  -

らっきょうも漬けてみた

梅ジャムを作ったら、そうだ今年はらっきょうや生姜を漬けていないに気付きました。ふたつともは容器、保存スペースがちょっときついと思いつつスーパーに行ったら、ちょうどらっきょうが。即買ってきました友人の栽培した超大の唐辛子を入れて完成日付を入れて、2週間後が楽しみです。ところでらっきょうは砂場はある県の某JA産。入っていた袋に「健康は奥さんの手づくりで!」なるコピーが書かれていました。え~っ、いまでもこ...

  •  0
  •  -

くのいちで補正して

去年の今頃着付けの先生のブログを見てものすごく惹かれた夏用補正の「くのいち」シリーズただきもの予算は爽竹長襦袢でオーバーしていたので、泣く泣く諦めていましたが・・・。今年こそ! と着付けのブラッシュアップで出かけたお稽古で相談しつつ購入。ベストタイプの「夏子」と袖の付いた「麻子」。補正もしつつ、汗も取り、楊柳なので、肌に纏わりつくこともない。結局うそつき襦袢にもなる麻子を購入。早速それを使って着付...

  •  4
  •  -
boo