FC2ブログ

Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: お茶  1/8

見事に大きな鉄線

お散歩の途中に見つけた、見事に大きな鉄線。あまりの大きさ、でも花が揃っていることに感激。ノエルと比べてみました。バックにあるのに、これだけはっきりくっきりと写っています。鉄線は茶花として初夏に使われていますが、これだけ大きいとバランスを取るのが大変かと思いきや、ググると結構大きな鉄線も使われていました。もう10年も前ですが、札幌のお茶のお稽古で鉄線を使っている写真が。没後200年を記念した松平不昧展に...

  •  0
  •  -

お茶会に

お花見を兼ねたお茶会に参加しました。難しいのは会場予約をするのが、3か月前で桜の予測が難しいこと。今回はほぼ散った状態でのお茶会となりました。それでも会場からはちらほらと八重桜のピンクが見えました。お軸は「奔花香満衣」、大徳寺の小林太玄筆。茶入は瀬戸面取肩衝で、お仕覆は糸屋金襴。お濃茶は明の昔、お詰めは一保堂。主菓子は鶴屋吉信の春麗。 薄茶器は加賀塗の雪吹 夜桜遠山蒔絵。お薄は曙の白、お詰めは一保堂...

  •  2
  •  -

壊した香合のことを思い出しました

根付もそうだけれど、日本人は小さくて、でも精巧に作られているものを愛でる傾向があると思うのですが、それにドンピシャな展覧会「香合百花繚乱」が根津美術館で開催されているので、出かけてみました。じつは香合にはちょっと苦い経験があります。札幌の先生はお勉強になるからと高価なものも使わせてくださっていました。いつもなにかを壊すのではと心配していたら、やってしまったのが、柿香合の蓋の柄割ったのではなく、ポロ...

  •  0
  •  -

久しぶりに自服

大雪の降った月曜日はお散歩せず、かつ外出せず、すっぽりとお籠りしてしまいました。外に出られないでストレスいっぱいのノッチとロープ遊びやハイタッチ遊びをした後は、友人からおみやげにいただいた丹波黒のしぼり豆をお茶請けにして一服。ひと口含んで、お茶の甘味が口の中に広がりました。久しぶりの感覚です。お稽古で慣れ親しんだ小山園の鳴滝の白、やっぱりこれが私の定番のお抹茶です。仕事も一段落しているので、読書三...

  •  0
  •  -

気軽なお茶会に行ってきました

施主が体調不良のため順延となっていたお茶会が、無事開催の運びとなったので、出席してきました。まずは新潟お雑煮で腹ごしらえ。ダイコン、ニンジン、サトイモ、八つ頭、三つ葉など、野菜がいっぱい入っていています。このほかに短冊切したこんにゃく、鮭、そしていくらをトッピング。味付けはブリで、すっきりとしています。ついで主菓子代わりのぜんざい。もなかの皮をお餅代わりしていただきました。施主は大日本茶道学会で学...

  •  2
  •  -
boo