FC2ブログ

Day to Day

伝わらないもどかしさ

こちらは良かれと思いしたことを、負担だと思われてしまったようです。帰省したり、旅行に行った折、ほんのひと口、あるいはひと振り(スパイ)だけど珍しいし、喜んで食べてもらえるかな~と思って買って来たおみやげ。でもこの数か月体調が今ひとつで渡そうと予定していた食事会などに参加できなくて、賞味期限が切れないうち、あるいは味が落ちないうちに渡したいと、次善策としてとスマートレターなどでお送りしたことが、数回...

帽子の思い出

この時期になると時折思い出す帽子のエピソード。TV、新聞、ラジオはあっても、情報の質というか厚みがなく、旅行が一般的になる直前。大学を卒業して上京する時、東京は空っ風が強くて寒いと聞いているのからと、母から黒いロシア帽をはなむけにとプレゼントされました。 → こんな感じであごの部分も含め、全体がフェイクファー、真冬の北海道でも温か。それが、空港に降り立った途端、モワ~~~~ッとする生暖かい空気の洗礼...

ザックのショルダーの長さというか

いまだザック問題で悩んでいます。頑健なのはいいと思いつつ、でもちょっとは小ジャレタのも欲しいといろいろ眺めていますが、今頃になってですが大きな違いに気付きました。それはの背負う位置の違い。こちらは登山メーカーコロンビアのザック。PCを入れるスペースもあり、タウンユースも視野に入れたザック。背負い方を見てみると、(私が)納得でき、安心できる、背中にピタッとスタイル。こちらは某レディースメーカーのザック...

週の始まりの日 カレンダー

手帳を購入したのに続き、お買物をしたら、早々に来年のカレンダーをいただきました。大好きなバーレイの食器がデザインされた、とてもしっかりとした作り。勤めていた時は月の予定、プロジェクトの線表をエクセルで作成し、それで数か月を見通す予定表にしていました。退職後は書き込みがスペースのある好きなカレンダーを活用。パソコンの奥の後ろにかけて、月単位の予定を見るのにことのほか重宝しています。来年も使い続けよう...

北東北を思う

東北、特に今回東北の北側を旅して感じたこと。旅をしているというより、道内の親戚を訪ねている感覚がす~っと湧いて来る。既視感のある風景、家並み、子どもの時野幌にある親戚を訪ねた記憶が蘇る。急こう配の屋根があったかと思えば、無落雪の屋根、どれもシンプルな形で落雪による振動を受けない形。家の軒先にはこの時期なのになぜかママさんダンプがあったり。津軽弁は英語を聞いているようで、分かりにくいと聞いたことがあ...