FC2ブログ

Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: 徒然  1/11

ザックのショルダーの長さというか

いまだザック問題で悩んでいます。頑健なのはいいと思いつつ、でもちょっとは小ジャレタのも欲しいといろいろ眺めていますが、今頃になってですが大きな違いに気付きました。それはの背負う位置の違い。こちらは登山メーカーコロンビアのザック。PCを入れるスペースもあり、タウンユースも視野に入れたザック。背負い方を見てみると、(私が)納得でき、安心できる、背中にピタッとスタイル。こちらは某レディースメーカーのザック...

  •  0
  •  -

週の始まりの日 カレンダー

手帳を購入したのに続き、お買物をしたら、早々に来年のカレンダーをいただきました。大好きなバーレイの食器がデザインされた、とてもしっかりとした作り。勤めていた時は月の予定、プロジェクトの線表をエクセルで作成し、それで数か月を見通す予定表にしていました。退職後は書き込みがスペースのある好きなカレンダーを活用。パソコンの奥の後ろにかけて、月単位の予定を見るのにことのほか重宝しています。来年も使い続けよう...

  •  0
  •  -

北東北を思う

東北、特に今回東北の北側を旅して感じたこと。旅をしているというより、道内の親戚を訪ねている感覚がす~っと湧いて来る。既視感のある風景、家並み、子どもの時野幌にある親戚を訪ねた記憶が蘇る。急こう配の屋根があったかと思えば、無落雪の屋根、どれもシンプルな形で落雪による振動を受けない形。家の軒先にはこの時期なのになぜかママさんダンプがあったり。津軽弁は英語を聞いているようで、分かりにくいと聞いたことがあ...

  •  0
  •  -

ラベルで見てはいけない

おみやげを買いがてら、「ヒットラーを欺いた黄色い星」を観てきました。じつは2か月ほど前に「ゲッペルスと私」を観たものの、何と書いてよいかまとまりませんでした。ヒットラーの右腕、ゲッベルスの秘書だったポムゼルへのインタビューと当時の映像を組合せた作品。「あの体制から逃れることはできなかった」、「何も知らなかった。私には罪はない」という言葉を聞きつつ、本当にそうなんだろうか。「言われたことをタイプして...

  •  0
  •  -

サマータイムについて

お籠りモードで話題がないので、この間会った友人と話題に上がったサマータイムについて。彼女ももう退職していますが、ソフト業界に長らくいて、今も現役の同僚から聞いた話。ただでさえ元号修正の案件でアップアップしているのに、さらにサマータイムの影響の調査/更新なんて働き方改革とか裁量労働制とか政府はいいことを言っているけれど、もし万が一にでも導入となると、情報処理関係の人々の仕事がさらにきつくなるのは火を...

  •  0
  •  -
boo