Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: 金継  1/2

使うのがもったいない・・・

2月に割ってしまったお茶碗、見違えるような、さらに趣あるお茶碗になって戻って来ました。まさにパリッと割れた感じ。小さな破片まで回収して、ネットで見つけた工房に連絡。時間もお金もかかるけれど、これはどうしても蘇らせたくて、修復を依頼していました。待つこと4か月あまり。でもこの姿を見たら、納得です。きれいにス~っと描かれた銀の線。私ではこうはいきません。外側はこんな感じでまたまた線の優雅な運びが、描かれ...

  •  2
  •  -

順調に金継素材(?)がたまったので

歳のせいか、ついついものを落す機会が多くなって。粉々になったのは潔く廃棄しましたが、パリンと気持ちよくふたつに割れた小皿、これを金継してみることにしました。といっても漆をかけて金あるいは銀でコーティングするのはひとりではかなり大変(というか、不可能)なので、まずはエポキシ接着剤で接合してみました。ただ今回は細かな割れの部分が双方の小皿にあります。この染付けは縁のところと裏側の台のところが欠けていて...

  •  0
  •  -

早速復習の機会

金継教室はお皿と茶碗の修理が完了して、一時お休み状態。忘れないようと思いつつ、でも記憶から薄れつつありましたが・・・。アッと気付いたら、数cm小皿を落としてしまい、ものの見事にふたつに割れてしましまたこれ2年くらい前に京都で買ってきた紫陽花模様の印判手。高いものではないけれど、手頃な大きさ、お皿のふちが茶色(結構多い)ではなくかつ模様も気に入って、使い込んでいたもの。復習のgood chanceとばかり、早速修...

  •  0
  •  -

3つとも出来上がりました!

仕事でお籠りしていていましたが、久しぶりに外出。最後の着付けのクラス、それに前回作業を終えた金継した食器の引き取りに出かけました。集合写真ではちょっと分かりにくいかもしれませんが、手前のお皿は錫を、奥の茶碗には金をかけました。こんな感じです。お茶碗は食べる時、直接口をつけます。少し欠けてしまった時、あぶないのでもう使えないから捨てようかとも思いつつ、でも捨てられなかった染付け。それほど高くはなかっ...

  •  0
  •  -

昨日の成果

久しぶりに金継のクラスに出席。まず前回錫を蒔いた1枚目のお皿に再度漆を薄く塗って、仕上げ。完成です  あとは乾くのを待つのみ。そして次は同じサイズで絵柄の違うお皿に錫を蒔きました。全体はこんな感じ。次回はこれに再度漆を塗って完成(の予定)。残すは縁がちょこちょこと欠けたお茶碗ですが、これは難問かも・・・。...

  •  0
  •  -
boo