FC2ブログ

Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: 本の虫  1/13

ひっそりとブクログ再開しました

ブクログは以前のブログで利用していたものの、途中で記録しなくなったので、FC2であまりテーマを絞らずに再スタートをする時サイドメニューには追加せずに放置状態。最近また呼んだ本を記録しておきたいな~と考えるようになり、それじゃと再利用しようとしたら、登録していたメルアドが最初期のもう使っていないもの。すったもんだで申請から1か月あまり、確認が終了してようやく新しいメルアドで使用出来るようになったので、ひ...

  •  0
  •  -

思い込みはいけない

須賀敦子全集別巻が8月10日に発売になったので、これはやっぱり書店で買いたいのと、友人と会うため出掛けることに。ほやほやの新刊書なので、丸善で買おうと東京駅で待合せすることにしたのですが、どうも電話口での話が微妙にかみ合わない。待合せは彼女は丸の内北口と言ったのですが、丸善は日本橋なので、八重洲口から歩くまたは無料の巡回バスに乗って行くのだから「八重洲口でしょ?」を繰り返す私。電話口で「本店に行くの...

  •  0
  •  -

最近読んだ本、今読んでいる本

最近では仕事関係の本以外はほぼ図書館から借りています。一般的なものだといつも使っている3か所の図書館を探せば、だいたい見つかるし、読んだ後の置き場所に悩むこともないので。「ファインディング・ゴビ」はゴビ砂漠を走るウルトラマラソンでスコットランドのランナー、「のっぽ」さんに伴走した野良犬の「ゴビ」を祖国に連れ帰るまでのお話。漢字にはかなりルビが打ってあり、もしかしたら子ども向け??でも、大人でも違和...

  •  4
  •  -

マザーリングサンデー

今月後半に読んだ3冊。マザーリングサンデーに圧倒されました。80代の作家が、人生の転機となった1924年のマザーリングサンデーに思いを寄せ、22歳の1日とインタビューを受けている8代の時を自在にワープしながら綴った形をとっています。マザーリングサンデーはメイドに許された年に1度の休日。厳しい階級制度がいまだ残り、使用人たちは透明人間のようになって、ご主人様一家に仕え、仕事で聞き知ったことはすべからく、漏らさな...

  •  0
  •  -

タイトルにちょっと惹かれて

小説家というと、ひたすらPCに向かってうんうん唸りながら頭に浮かび上がった言葉をキーボードに叩きつけているイメージ。とってもスポーツ会系とは言えない。まぁ、たまに村上春樹のようにマラソン、水泳大好き作家もいるけれど、それはあくまで例外、と偏見とは思いつついましたが・・・。タイトルにちょっと惹かれて読んだ「バッグをザックに持ち替えて」はそんなイメージを軽~~く一蹴。じつは私唯川さんの作品は1作も読んだ...

  •  0
  •  -
boo