FC2ブログ

Day to Day

定年退職後、フリーの翻訳者としてボチボチ働いています。

You can see any categories

category: お出かけ  1/5

美術館ふたつはきつかった

お茶友達と懸案の棗展に行ってきました。工芸館、趣のある建物です。今回は所蔵品展ということで、明治以降の所蔵品が中心ですが、見応えありました。利休棗の奥から大中小。蒔絵の棗が少ないかななんて思いながら見たら、それなりにあって。これどうやって清めたらいいのか、ちょっと迷うような茶器もあり、そんなことを想像するのも楽しい。棗の作り方の解説もあり、学ぶところ多しです。ずいぶんモダンな水壺。筒茶碗、冬のこの...

  •  4
  •  -

神楽坂へ

ネットで見ていていいな~と思っている木綿着物のお店が新春セールを開催中とのことで、仕事の合間を縫って見に行きました。雪を見たのはこの時。この数年、冬に着るウールの暖かな着物がほしくて探していたのでかなり意気込んで出かけましたが、見た途端に「これっ!」という生地がなかったので、諦めました。仕立ての時期を考えると出来上がりは2月中旬以降、もう春がすぐそこ。来シーズンこそはですせっかくでかけて来たので、...

  •  0
  •  -

2019年初の山行というか、ハイキング

標高139m、山行というよりハイキング年末に買って読んだ「ゆる山歩き 思い立ったら山日和」に刺激され、お正月早々友人と鷹取山に行って来ました。JR東逗子駅を出発して、神武寺に。人気のない静かな山寺。OPPOの写真設定を全画面にしていたので、やけに長い画面。でもお地蔵様がピッタリ入った本堂でお参りをしてkら、石の階段を上り、鷹取山方面に。途中鎖場があったりしてそれなりに楽しみながら、頂上に。山頂には展望台があ...

  •  0
  •  -

今年最後の歌舞伎に

この間今年最後の歌舞伎に行って来ました。演目は「通し狂言 増補双級巴―石川五右衛門―」、吉右衛門演ずる石川五右衛門の四幕九場もの。いつもは一番安い席ですが、今回は1階の真正面、花道も見えるよいポジション五右衛門は天下の大盗賊だとは知っていても、詳しいことは皆目知らずで、場の変化、ストーリーの変化に付いていけない時があったものの、新体操選手並みの殺陣があったかと思うと、その生い立ちや、家族との情愛なども...

  •  2
  •  -

横浜に

金曜日、土曜日と急に仕事が入って来たので、予定していた横浜行きを早めて出かけてきました。目的地は日本大通りにある、日本新聞博物館。開催中の「南極観測60年―定点観測者としての通信社―」を見るため。早速横浜らしい歩道のタイル。港に近いこの辺りには古い建物が多くあり、目的地に着くまで、ついウロウロ。1957年から始まった日本の南極観測。カラフト犬タロ、ジロはもとより、初期の頃は寒さと雪に慣れているということで...

  •  0
  •  -
boo